付き合いが長くなると安心感を持てる反面、彼女と過ごす時間の中に刺激がない。 穏やかな日々が退屈な日々に変わってしまうことも…。そんな「マンネリ」、パートナーと長く付き合ったことのある人なら一度は 感じたことがあるのではないでしょうか?
恋人同士の二人にとって、破局をももたらしかねない危険なマンネリ状態。二人の関係が停滞してしまった時、どうすれば付き合い始めの頃のような気持ちに戻れるのでしょう?

「恋は3年で冷める」といいますが、これはあながち間違っていないんです。
恋愛にはPEA(フェニルエチルアミン)という脳内ホルモンが関係しているんです。なんでもPEAは恋愛し始めに分泌されて、胸をドキドキと高鳴らせたり、恋煩いな状態を引き起こす原因にもなるんです。しかし、このPEA、相手と長く付き合っていると徐々に分泌量が減少していくそうです。
すると、結果的に「好き」という気持ちを冷めさせてしまうとか…。その脳内ホルモンが分泌する期間がおよそ3年といわれているんです。

長く付き合ったり、一緒に暮らしたりすると、刺激がなくなってきてしまい、相手への気持ちが恋なのか愛なのか、わからなくなってきてしまいます。それでも、ずっと自分の傍に居てくれた大切な相手だということは変わりはありません。
では、いつまでも仲良く寄り添う秘訣とは?

パートナーといつまでも仲良く寄り添う6つのポイント

ポイント1)分かり合えないことを前提に考える

「あなた」と「彼女」は性別も違う、育った場所も、環境も、何もかもが違う全く別の生き物だと理解することです。そもそもの出発した場所、歩んできた場所が違うのですから、分かり合えなくて当然なんです。それなのに、何かにつけて意見が合わないとどちらか一方に合わせるために言い合いをしたり、我慢をしたり、バカバカしいと思いませんか?
違うことが当たり前なのですから、一つでも同じであることはもはや奇跡に近いんです。
相手の考え方に同調する必要はありません。大切なのは、相手を理解してやみくもに否定しないこと。そして、理解し合うこと。結果的に、二人にとって一番良い状態の付き合い方を見つけることが、パートナーと長く付き合う秘訣です。

ポイント2)まずは相手の話を聴く

どんな退屈な話であっても、興味を持っているように見せることも大事!
そうすることで相手の印象は大きく変わりますし、彼女はあなたのことを「信じられる人」「優しい人」と認識してくれるでしょう。言葉の中には必ずその人の意思が入っています。相手との関係が上手くいっていなかったり、ぎくしゃくしてきたときなどは特に意識して彼女の話に耳を傾けてみてください。そこに必ず解決のヒントがあります。
自分の話を聴いてくれた人の話は、自分も素直に聴きたくなりますよね!

ポイント3)ポジティブな言葉はどんどん口に出す

気持ちを素直に言葉にすることはとっても大切なことですとね。とくに、付き合っている期間が長くなると、付き合い始めの頃より「好き」、「愛してる」、「ありがとう」といった言葉が少なくなりがち。そうなると、やはり気持ちも冷めていってしまいますよね…。
長く付き合っていくためには、ポジティブな言葉はどんどん言葉にすること!感謝の気持ち、好きな気持ち、どんなに些細な言葉でも良いんです。1日1回は笑顔で「ありがとう」を伝えると決めるのも良いでしょう。そうした些細な習慣が、パートナーと長く過ごす秘訣なのです。

ポイント4)自分の時間を確保する

付き合いが長くなり「マンネリ」となってしまう大きな原因は、距離間が近くなりすぎてしまうことにあります。思い切って会う時間を減らしてみませんか?会う回数を減らすと、会えたときの二人の時間の大切さを再確認できますし、また会いたい!と思えますよね。
予定が合う分だけ会おうとはせず、あえて自分ひとりの時間を確保して、お互い自立することが長く関係を続ける重要なポイントです。

ポイント5)恋愛感情を忘れない&示す

家族にも同じようなことがいえますが、長く付き合っていくと恋愛感情よりも人としての尊敬や親愛の気持ちが強くなる傾向があります。日本人はとくにそういった傾向が強いようです。家族のような関係ではなく、恋人関係として長く寄り添うことを望んでいるのならば、敬意だけでなく恋愛的な感情も絶対に必要です。家族とキスやセックスはしませんよね?相手が恋人であるということを示すことが相手にとっても異性としての愛情を忘れないポイントなんです。

ポイント6)想いをカタチにする

普段から言葉で伝えているから大丈夫!と思っていませんか?もちろん、言葉で想いを伝えることは大切ですが。それは、当然といえば当然なのです。
ときには、その想いをカタチにして届けることが、いつまでも男女のときめきを忘れない秘訣です!じゃあカタチってどんなものを渡せばいいの!?と、構える必要はありません。
千円程度の小さな花束や、500円くらいの可愛いマグカップなどで良いんです。そんな些細なことをたまーにしてくれるだけで、女性はいつまでもあなたのためにキレイで可愛い女でいたいと思うのです。男は単純とよくいいますが、女も案外単純なのです。

おわりに

どんな相手と付き合っていても、付き合いが長く続くと誰しも一度は恋人との今後の関係を考えるものです。別れようか別れないかの迷いから、「この人と付き合ってて大丈夫良かなぁ?」と思ったり。その思いを、自分の中でどう受け止めるか、そしてどう行動していくかによって、その後の二人の関係も大きく変わっていくでしょう。
パートナーは写し鏡です。彼女の態度が横暴で自分勝手に思えてきたのなら、まずは自分の行動を見つめなおしましょう。何か相手に対して「嫌だなぁ」と思っているときは大抵相手もそう思っていますよ。違う人間なのですから、始めから理解し合えなくて当然。違うことを一つ一つ認めましょう。