多くの男性が抱えるコンプレックス「AGA」

日本人男性の多くが抱える悩みに「髪の毛の将来」があります。
薄毛や抜け毛状態が進行していくことをAGA(エージーエー)と呼び、日本語に訳すと、「男性型脱毛症」といいます。ひとえに脱毛症といっても、いくつか種類があります。その中でも、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の割合が過半数を占めています。

一説によると、脱毛症の約90%がAGAだとも言われているのです。つまり、20代以上の男性に見られる薄毛、抜け毛、ハゲはほぼAGAによるものと考えられているのです。

「AGA」の特徴とは?

AGAの特徴として、進行型であることがあげられます。早い方では、遡ると10代の頃から薄毛が気になり始めていた人も数多くいます。

AGAは急に薄毛や抜け毛が起こることはなくはなく、ゆっくりと時間をかけて進行していきます。 そして、額の生え際、頭頂部のどちらか一方、または双方から薄くなることも特徴です。

「AGA」の原因とは?

正確に言うと、AGAの直接的な原因は未だに解明されていないことが実に多いのです。
ただ、AGAのメカニズムは解明されています。 AGAの原因には男性ホルモンの一つである「テストステロン」というホルモンが関係しています。

そもそも「テストステロン」は、筋肉や髭、生殖器の成長や形成などになくてはならない男性ホルモンなのですが、これが頭の前頭部や頭頂部では「5a-リダクターゼ」という酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンに変化してしまうのです。そして、このDHTこそが薄毛や抜け毛を招く、脱毛物質なのです

特に、遺伝的な要素、生活習慣、皮脂肌の人はDHTの影響を強く受けやすい傾向があります。

「AGA」になったら元気な髪は生えてこない?

AGAになると、髪の毛が強く太い髪の毛に成長する前に抜けてしまいます。
しかし、AGAによって薄毛になったとしてもうぶ毛は残っています。つまり、頭皮に毛包が存在している限り髪の毛は強く太く育つ可能性はあるのです。

どうしたら元気な髪が生えてくる?

薄毛や抜け毛が気になり始めると、市販の育毛シャンプーや育毛剤などで応対している男性も多いでしょう。しかし、上記でも説明した通り、AGAは進行型であり脱毛物質は常に分泌され続けているのです。

つまり、AGAの方にまず必要なことは、薄毛、抜け毛サイクルを制御することです。AGAの原因ともされる強力な脱毛ホルモンDHTの生成を抑えて、抜け毛を阻止することがAGAから脱出するためには非常に重要なことなのです。

育毛シャンプーでAGAは改善しない!

結論から先に言いますと、一般的な育毛剤や育毛シャンプーだけでAGAは改善しません。

頭皮にとって良いシャンプーなどで頭皮環境を整えることは大切ですが、AGAの原因は男性ホルモンによるものですので、根本的な解決にはなりません。本気で薄毛状態を改善するためには、身体の内側から男性ホルモンに働きかける必要があります。

つまり、脱毛ホルモンDHTの生成を抑えつつ、発毛を促すことがAGAの有効な改善方法なのです。

AGAに有効な治療方法とは?

日本皮膚科学会によるAGAの診断ガイドラインによると、AGAに有効な治療方法が5段階のランクで分けられています。その最も最高ランクであるAランクの治療方法に、「フィナステリド内服」と「ミノキシジル外用」があります。

つまり、日本では「フィナステリド内服」と「ミノキシジル外用」がAGAには最も有効であると定められているのです。

ちなみに、ガイドラインの中では医薬部外品や化粧品に含まれる育毛成分については、おおむね根拠がないとされています。

「フィナステリド」と「ミノキシジル」の効果

フィナステリド、またはプロペシアといえば聞き覚えがある方もいるのではないでしょうか?

もともとプロペシアは前立腺肥大の治療薬として開発されたフィナステリドを主成分とした薬品なのですが、プロペシアを服用していた患者に薄毛改善の症状が多く見られたことから脱毛症治療薬として活用されるようになったのです。

フィナステリドの効果には、抜け毛や薄毛を促進させる脱毛ホルモンDHTを抑制する作用があります。

一方のミノキシジルは、もともと血管を拡張する作用がある薬で、高血圧の経口薬として開発されたものでした。しかしこちらも、ミノキシジルを服用している高血圧患者に多毛症が多く発症したことから、研究が進み、AGA治療薬として使われるようになったのです。

AGA治療薬として、フィナステリドとミノキシジルがセットで用いられている理由にはそれぞれの特性の違いにあるのです。フィナステリドは薄毛の進行を食い止めるものの発毛効果はみられません。

また、ミノキシジルは発毛効果は認められているものの、薄毛を食い止める効果はみられません。

つまり、薄毛の進行を食い止めて発毛を促すならフィナステリドとミノキシジルをセットで使う必要があるのです。

AGA治療はAGA専門クリニックへ!

自分が「AGAかも…」と思ったら、まずは専門のクリニックへ行くことをおすすめします。AGAは進行型ですので、放っておいても状態が改善することはありませんし、市販の育毛シャンプーなどで脱毛を食い止めることは出来ません。

餅は餅屋に、虫歯になったら歯医者に、AGAになったらAGAクリニックに行くことが、今の状態から抜け出す手段です!

「でも治療費が高額なのでは?」と不安に思う方も多いでしょうが、初回のカウンセリングは無料で行っているところもありますし、月3千円程度で通えるクリニックも存在します。

編集部がおススメするのは五反田に新規開院したばかりの
AGAヘアメディカルクリニック五反田院
です。

同院をおススメする理由としては・・・

ポイント① 業界最安値レベル!月2,700円~始められるAGA治療

AGA治療は効果が実感できるまである程度の期間が必要なため、月々の負担から途中で断念してしまう方も多いです。AGAヘアメディカルクリニック五反田院では、患者様にAGA治療を気軽に、そしてじっくりと受けていただけるよう、専門クリニックのノウハウを生かし、月々2,700円~(税別)と、業界最安値レベルでの通院~治療が可能です。

ポイント②患者一人ひとりに合わせたオーダーメイド処方

AGA治療では、患者様によって症状やご希望が様々であり、それぞれに最適な処方が重要です。当クリニックでは、AGA治療の専門医が診察し、患者様一人ひとりに合わせた内服薬・外用薬・メソセラピー・サプリメント等によるオーダーメイドの処方をいたします。

ポイント③初診料や血液検査も完全無料

AGAヘアメディカルクリニック五反田院では、患者にAGA治療の第一歩を安心して踏み出していただくため、初診料を無料で行なっています。また他AGAクリニックでは有料で行っている事も多い血液検査も同院は無料で行っています。

また五反田駅徒歩一分という立地も、都内にお住まいやお勤めの方なら通いやすい立地かと思いますので、その点においてもオススメできる理由かと思います。

おわりに

AGAの治療には、飲み薬や塗り薬などがありますが、AGAの進行状態によってはそれだけでは改善までに長い時間がかかることもあります。

治療開始期間が早ければ早いほど、金銭的負担も少なく、治療期間も短くなります。

「自分はまだ大丈夫!」と思っているときに対処をしないと、気付いたときには安く済んだはずの治療代も高くつき、治療期間も倍になってしまうのです。

どうか、5年後、10年後の未来の自分の姿を想像して下さい。AGAに悩む多くの男性が適切な治療を受けることで、明日がもっと楽しく思える毎日を過ごせますように。

Sponsored by AGAヘアメディカルクリニック五反田院