顔が整っていれば「モテる」と信じて疑わない男性が今もなお多く存在しますが、果たして本当にそうでしょうか?

当然、顔が良ければ条件的には有利でしょう。しかし、世の中とは不思議なもので、スタイルが良くてルックスも完璧なのにイマイチモテない男性も数多くいます。一方、スタイルが飛びぬけて良いわけでもなく、顔も普通なのに、女性が途切れない男性もいます。

つまり、イケメン=モテるという図式は成り立たないのです。では、女性は男性のどこを見て「あの人いいなぁ…」と思うのでしょうか?

断トツ人気の細マッチョ!

・細マッチョ……52%(577人)
・普通……20%(226人)
・マッチョ……11%(118人)
・スリム……9%(103人)
・ぽっちゃり……6%(63人)
・おデブ……2%(18人)
・ガリガリ……0%(5人)

出典元:恋愛jp
※有効回答者数:1,110人
※集計期間:2015年5月2日〜2015年5月5日

とあるアンケート結果では細マッチョが断トツの1位という結果に!

特に30歳を過ぎた男性は「整った顔=素敵!」ではなく、「引き締まった体=素敵!」、とくに年齢を重ねるとその傾向が大きくなるそうです。

そして…顔は整形する以外どうにもなりませんが、体はいくつになっても変えることが出来ます。
「モテる男」と「モテない男」の差は、体にある、といっても過言ではないのです!

モテるカラダ作りに必要な「栄養」

体を変えるには「運動」と、そして「栄養」が欠かせません。

引き締まった体を維持するなら運動や筋トレだけをすればいいんでは?と思ってしまいますが、どんなに筋トレをしたとしても、体に必要な栄養が不足していてはカラダ作りの効率が非常に悪い状態。つまり、より短期間で効率良く体を変えるには、健康的に引き締まった体をつくる栄養素が必要不可欠なのです。

健康的で、引き締まった体になるための「カラダ作り」に欠かせない栄養は、ズバリ「タンパク質」です。

本来であれば食事から充分なタンパク質を摂ることがベストなのですが、筋トレなどでカラダ作りをする人は、一般的な食事だけでは1日に必要なタンパク質を充分に摂取できていません。トレーニングの効果を十分に発揮させるためには、タンパク質を効率よく摂取しなければならないのです。

タンパク質を効率よく摂取する!

タンパク質を効率よく摂取するには、特にトレーニングをする方にとっては常識と言ってもいい「プロテイン」がよく飲まれています。無論、手軽に豊富なたんぱく質を摂取するための優れた加工食品です。

前述したように、どんなに筋トレをしても栄養(=タンパク質)を充分に摂取しないと、筋繊維は効率良く育たないのですが、スポーツや筋トレをしている人は、一般の人のおよそ2倍のタンパク質の摂取が必要です。そうでないと、筋繊維の修復や体力維持に必要な栄養がきちんと行き届かず、頑張った筋トレの効果が半減してしまいます。

しかし、2倍のタンパク質を全て食事で摂ろうとすると、タンパク質は十分に摂れたとしても、その分食事に含まれる脂肪や一緒に摂ってしまいます。これではトレーニングをしている意味がありませんよね。そこで、プロテインが活用されているのです。

プロテインの種類にもよりますが、 筋力UPやシェイプUP目的のプロテインは、タンパク質の含有量が多く、脂質も抑えてあります。そのため、脂肪の摂取を抑えながら効率的にタンパク質を摂取出来るのです。

でもプロテインにも落とし穴が…

低脂肪で効率良くタンパク質が摂取できるプロテイン。体の引き締めを目指している人にとっては非常に嬉しいものですが、プロテインは万能ではありません。

プロテインは通常の食品と比べて消化吸収が非常に早く出来ています。それがメリットでもあり、人によってはデメリットでもあるのです。消化吸収が早いと、腸内の成分濃度が急速に高まり、下痢や便秘になってしまう人もいます。

また、プロテインは体内で分解・吸収される際に窒素やアンモニアを発生させます。アンモニアを分解して排出するために、その分、肝臓や腎臓に負担がかかるので肝臓や腎臓が弱い人はプロテインをおすすめできません。

また、プロテインの原材料となっている牛乳や大豆アレルギーの方は飲めません。プロテインは薬ではないので副作用はありませんが、食品なので体に合う・合わないは当然あります。

必須アミノ酸がモテるカラダを作る!

・プロテインは体に合わない。
・毎日適量のタンパク質摂取は無理。
・食事は食べたいものを食べる。

という男性は、必須アミノ酸の摂取が良いでしょう。

必須アミノ酸とは体の中で作れないアミノ酸のことで、必須アミノ酸には9種類あります。
タンパク質は、アミノ酸の分子の塊であり、アミノ酸の集合体がタンパク質なのです。

カラダ作りに必要な「BCAA」

必須アミノ酸の9種類のうち、より引き締まった体を作るのに重要な必須アミノ酸をBCAA(分岐鎖アミノ酸)といいます。BCAAは「バリン」、「ロイシン」、「イソロイシン」の3つの必須アミノ酸のことを指し、これらは他の6つの必須アミノ酸と違い、体内で分解と代謝がされます。つまり、BCAAはより早くのアミノ酸濃度を高めることが出来るのです。

とくに注目したいのが、BCAAの一つである「ロイシン」です。ロイシンは単独でも筋発達の反応を起こせるだけでなく、その役割はロイシン以外の必須アミノ酸+非必須アミノ酸の19種類のアミノ酸を合わせたときに匹敵するほどだそうです。

「ロイシン」に注目!

ロイシンは体内に入ると、ヒドロキシβメチルブチレート(HMB)と呼ばれる物質に代謝されます。このHMBは、タンパク質の分解を防ぐことが出来、より多くのタンパク質を届けてくれる役割があるのです。

そもそも、プロテインが体で代謝されるとき、ペプチド→アミノ酸→ロイシン→HMBとなるので、ロイシンからHMBの代謝がスムーズに行われないと、プロテインを飲んでも引き締まった体を作る事ができません。

つまり・・・

HMBの摂取が「モテるカラダ」を作る!

HMB1グラムを体内で生成するには、およそ約20グラムものロイシンが必要だといわれています。

1日に理想的なHMBは約3グラムなのですが、となるとロイシンは約60グラム必要です。約60グラムのロイシンを摂るためには、一般的なプロテインの場合、約20杯も飲まなければなりません。

プロテインを飲んでもHMBに代謝されるのなら、最初からHMBを摂取すれば良いとは思いませんか?

「HMB単独でも摂取できるの!?」と思われる方も多いでしょう。まだプロテインのような高い認知度はありませんが、HMBサプリメントは日本でもすでにいくつかの健康食品会社から発売されていて、また全世界的にも認知度が上がってきています。

いうまでもなくサプリメントならどこでも手軽に摂取可能ですし、プロテインと違ってドリンクを作る必要もありません。もちろん粒状なので飲みやすく、液体よりも抵抗感が少ないです。

HMBサプリメントなら、ビルドマッスルHMBの評判が良いようです。1500mgのHMBとBCAAが含まれているので、カラダ作りをよりサポートしてくれるでしょう。いくつかのレビューサイトにもある通り、もちろん副作用などは全くありません。

おわりに

女性が理想とする男性のBMI指数は22だそうです。
※BMIは「体重÷身長÷身長」で計算されます。

つまり、身長が170cmであれば体重が64kgだと「64÷1.7÷1.7=22」となり、理想体型ということになります。太りすぎていても痩せすぎていても駄目なのです。ガリガリでもなく、ムキムキでもなく、ほどよく引き締まったカラダが一番「モテるカラダ」なのです。

引き締まった体の男性=モテる、という図式は年齢を重ねるごとに顕著になっていきます。自分はまだ大丈夫…と思っているときからすでに体型は崩れ始めていますよ!

適度なトレーニングとそしてビルドマッスルHMBでこの夏あなたも「モテるカラダ」を目指してみてはいかがでしょうか??
Sponsored by メンズドラッグ