男性のビジネスシーンでは欠かせないスーツ。

ビジネスマンの戦闘服といっても過言ではないスーツですが、女性から見てもその着こなしによって「デキる男」と「デキない男」の印象がはっきりと別れるそう、また同性から見ても、スーツをすらっとキレイに着こなす男は一段格が上がり、「デキる男」というイメージが強くなるそうです。

スーツをキレイに着こなせる理想の体型は「Y体」や「A体」

スーツをすらっと着こなしている男性の体形はやはり「Y体」や「A体」、あまり聞きなれない言葉かもしれませんがスーツ専門店などでは基本の測り方になっており、一般的に「Y体」は「スリム体形」、「A体」が「普通体形」となります。

それ以上のAB体やBB体となってくるとになると「パンツがたぼついて見える」、「若くても妙な貫禄がある」、「いいスーツをきていたとしてもオシャレにみえない」、といった女性からの辛口の意見が多い結果となりました。

つまり、引き締まった体でスーツをすらっと着こなせれば「デキる男」の印象を強く与えることが出来きるのです。よく男性のスーツ姿は3割増しといいますが…ここでも断言しましょう!

ズバリ!スーツ姿がきまっている男は女性からモテるんです!

代謝を上げれば体形維持が楽になる!

Y体やA体のスーツを、30代、40代、になっても着こなすためには、当たり前ですが、引き締まった体形を維持することが重要。

では体形維持のために必要な事って?

それは「代謝」を維持するに他なりません。

「代謝」の種類をおさらい

「代謝」の基本となるものが「基礎代謝」。これは、寝ていても休んでいても消費されるエネルギーの事で、つまり、自分が何もしなくても体が勝手に消費してくれるエネルギーの事。この基礎代謝は1日に消費されるエネルギー量の60%~70%を占めていると言われています。残りの30%~40%が、「活動誘発性体熱産生」と言われています。これは、身体活動代謝とも呼ばれ、歩いたり体を動かしたりなどの日常的な行動で消費されるエネルギー。

残りの10%~20%が「食事誘発体熱産生」と言われています。これは、食事のときの消化・吸収時に発生するエネルギーです。

まとめると以下の通りになります。

①基礎代謝:勝手に消費されるエネルギー
②活動誘発性体熱産生:日常行動によって消費されるエネルギー
③食事誘発体熱産生:消化・吸収時に発生するエネルギー

今回は、この3つの中の基礎代謝に注目します。

実は、基礎代謝の約40%は「筋肉」によって消費されてます。

全体で考えると、1日のエネルギー消費量の30%近くが「筋肉」で消費されているのです。ということは、年齢に比例した筋肉量がちゃんとあれば体の代謝はスムーズに行われ、勝手に脂肪を燃やしてくれます。

逆に年齢に比例した筋肉量がなければ、代謝量は低くなってしまい、脂肪燃焼に時間がかかってしまうのです。

筋肉量を維持すると嬉しいことがたくさん!

男性が筋肉量をアップさせる、または維持するメリットは、大きく3つあります。

①肉体的に健康を維持出来る

しっかりと筋肉があると、血流の流れが正常に保たれます。すると、体全体にかかるストレスを減らして、様々な弊害を予防・改善出来ます。

②精神的に安定する

筋肉はいわば、体の中にある脂肪燃焼工場の炎です。筋肉がしっかりあると、この炎は燃え続けます。エネルギー量に対して正常に代謝が行われると、汗をかきます。運動などをして汗をかくのは代謝が行われている証拠であり、代謝が行われていると血流も良くなるので精神が安定するのです。また、肩こりや疲れも軽くなって、心の負担が少なくなります。

③体が引き締まり、見た目が若くなる

冒頭でお話したように、体が引き締まっている男性は年代に関係なく女性にモテる傾向にあります。女性は本能的に自分にはないもの(=筋肉)に惹かれやすく、引き締まった体は頼りがいのある男性を選ぶ傾向にあるのです。しかも筋肉があるだけで、スーツのみならずシャツやTシャツも似合いますし、女性から見ると不思議とヘアスタイルや身につけているものまで素敵に見えてくるそうです。

筋肉量を維持して代謝をスムーズに行うには?

筋肉量を維持するなら筋トレをすればいいのでは?と考えますよね。もちろん、筋肉量を増やしたり、維持するために筋トレは重要です。でもそれだけではありません。筋肉量を維持するためには普段から「たんぱく質」をしっかりと摂ることが重要なのです。

人間の体には「たんぱく質」が必要!

筋トレをしている人はよくプロテインを飲んでいますが、これは筋肉をつけるために必要なたんぱく質を、一般的な食事から摂ろうとすると、カロリーオーバーしてしまったり、塩分や油分を余計にとってしまうことになるため。それを避けるには確かにプロテインは手軽に豊富なたんぱく質を摂取できる食品であることに間違いはありません。

ですが、筋トレをしていない人にもたんぱく質は必要です。今ある筋肉にしっかりと栄養(たんぱく質)を与えてあげないと、どんどん筋肉量は落ちていってしまいます。筋肉量が落ちるとやがて代謝も落ちて体形もどんどん変わっていってしまうのです。

食生活が不規則な人、忙しい人、がたんぱく質を摂取するには?

・毎日プロテインを飲むのはしんどい…
・外食が多く、食生活に気を遣ってられない…
・仕事が忙しくてジムに通う暇もない…

という男性は数多くいるでしょう。

筋肉が大切だということも、毎日の食事でたんぱく質をメインに摂ることも大切だということもわかるけど、いざ実行に移すとなると継続が難しい…。

そんな男性は、必須アミノ酸の摂取がいいでしょう。

人の体で作ることが出来ないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。必須アミノ酸はいわばたんぱく質。簡単に説明すると、いくつものアミノ酸の分子がつなぎ合わさって出来たものがたんぱく質なのです。

筋肉をつけるために必要な「BCAA」

必須アミノ酸は体の中でつくれないアミノ酸です。体の中で作れないのなら、栄養から取り入れなければなりません。

必須アミノ酸には9種類あり、より筋肉をつけるために必要な必須アミノ酸をBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼びます。

BCAAは「バリン」、「ロイシン」、「イソロイシン」の3つの必須アミノ酸のことをさし、これらは他の必須アミノ酸と違い、筋肉内で分解・代謝されます。そのためより早く筋肉中のアミノ酸濃度を高めることが出来るのです。

その中でも、BCAAの一つである「ロイシン」が最も重要だともいわれています。

ロイシンは単独でも筋発達の反応を起こせる優れもので、その力はロイシン以外の必須アミノ酸+非必須アミノ酸の19種類のアミノ酸を合わせたときに匹敵するそうです。

筋肉維持に効率が良い「ロイシン」

ロイシンはHMB(ヒドロキシβメチルブチレート)という物質に代謝されていきます。
つまりプロテイン→ペプチド→アミノ酸→ロイシン→HMB(ヒドロキシβメチルブチレート)という順序で代謝が行われていくのです。

HMBは筋肉中のタンパク質の分解(筋肉量の低下)を防ぐことができる物質で、しっかりと筋肉を作るためにより多くのタンパク質を筋肉まで届けてくれる役割を担っています。

つまりプロテインを飲んだとしてもロイシンからHMBの代謝がスムーズに行われないと筋肉はしっかりと維持出来ないのです。

プロテインではなくHMBを摂取!

HMB1gを体内で生成するには、およそ20gものロイシンが必要となります。1日に理想的なHMBは3gですが、そうなるとロイシンが60g必要、60gのロイシンを摂るためには、一般的なプロテインの場合、およそ20杯飲まなければなりません。

プロテインを飲んでも結局HMBに代謝されるのなら、最初からHMBを摂取すればより効率的ではないでしょうか?

まだまだプロテインほど認知度はありませんが、HMBのサプリメントは徐々に人気が出てきていあます。プロテインと違ってわざわざ割って作る必要もありませんし、液体ではないので味覚の問題もありません。

HMBのサプリなら、効果を感じなければ全額返金してくれるビルドマッスルHMBが評判が良いです。その効果と安全性が確かな面からも、信頼出来るHMBのサプリです。

おわりに

年齢とともにお腹周りに脂肪がつきやすくなり、ベルトの上にお腹の肉が乗っている男性をよく見かけます。「周りもそうだから別に…」と思ってあきらめていませんか?

ベルトの上にお腹のお肉が乗った男性、スーツのジャケットのボタンが閉まらない男性を見て、女性はどう思打と思いますか?女性から見ても「素敵♡」とは、間違っても思いませんよね。

しっかりと筋肉を維持していて代謝がスムーズな引き締まった体なら、今よりもっと「デキる男」に見られます。いくつになっても、同性からも憧れられる素敵な男性は、女性から見ても一段と輝いてみえるでしょう。

Sponsored by メンズドラッグ