本心は「いや、無理だから」

気が進まない相手、興味のない男性からの誘いだと、適当な理由を挙げて断るという女性が圧倒的に多いようです。

本音としては「いやいや、無理です」と思っていても、それをストレートに言葉にする女性は少数派でしょう。
では、どんな「理由」がていの良い言い訳として使われているのでしょうか?

今回は、独身女性がデート(食事)に誘ってくれた男性を傷つけないように断る言葉をご紹介します。もしも、気になる女性をデートに誘った場合、これから紹介する言葉が返ってきたら、一旦引いた方がいいかも…。

① 予定は空いているけど、「友達との先約があるんだぁ…」

28才 Fさん「本当に自分が気になっている相手から誘われたら、友達との約束を変更してもらうこともあるかもしれません。そうじゃない場合は、友達とも約束がなくても『先約がある』って言います。男性のみなさん、もしもそれで断られて別の日を提案して、『残念!その日も友達予定が…』と言われたら、脈なしだと思っていいと思います。内心、気付けよって思ってます汗」

② 一人暮らしの場合、「その日は実家に帰らなきゃいけなくて!」

25才 YOKOさん「私、一人暮らしなのでよく使ってます。一人暮らしの女性なら一度は使ったことあるんじゃないかなぁ…。男性ならまだしも、女性なら「帰省」って自然な理由だと思うんです。あとは、会社の人(仕事場でも会っちゃう人)に誘われて断りたいときは、
『家族みんなで出かける用があるのですみません!』って、ちょっと良い子ぶったことも言ったことあります。笑」

③ 仕事終わりの誘いを断りたいとき、
「残業があるから…」「家でもちょっとやらないとヤバイんだぁ」

26才 T.Wさん「夜ごはんって、お互い何とも思ってない同期とかならまだしも、付き合っているわけでもない男性と二人きりで夜には会いたくない。ちょっと引いちゃうっていうか、警戒しちゃうかも。だから、仕事終わってから男性にごはんに誘われたら、全然仕事残ってないけど『残業があって…』と言います。仕事と言えば無理に誘ってこないだろうって思ってます。それでも誘って下さるなら、とりあえずランチでお願いします。いきなりディナーはハードル高いかなぁ~と」

④ 頻繁に会うことがない相手に対して、「最近体調が悪くって…」

33才 S.Hさん「仮病よく使います。会社の人だとバレるので使えないんですけど、飲み会とか友達の紹介とかで会った人とかには、結構使ってますね。もちろん本当はどこも悪くないんですけど、体調が悪いって一番納得してもらいやすい理由じゃないですか?女性なら一度や二度使ったことあるんじゃないかなぁ…。体調不良が何度か続くようなら「脈ないかも…」と疑ったほうがよさそうですよ。女性からこういう返事が続いた場合、男性はしつこく次の予定を聞かず『残念。お大事にね』というふうに返答するのが正解です。ここでしつこくねばられると本っ当にうざいので」

おわりに

女性のホンネと建て前、いかがでしたでしょうか?

本来、女性という生き物は男性が思う以上に優しさと思いやりを持っているのですが、それと同じくらい「しつこい男が嫌い」な生き物でもあります。まともな男性であれば、女性が男性に対してひどい言葉を浴びせることはありません。しかし、とにかくしつこい、いい加減にしてほしい、と思っている男性が相手の場合は容赦はしません。

仏の顔も三度までです。男性よりも感情的な生き物ですので、我慢が限界に達すると、建て前ではなく今回挙げたホンネをぶつけられることも…。

どうか、世の男性には女性の建て前を察して、恐ろしいホンネを言わせないような紳士でいてほしいところです。