食べたくなったら野菜を食べろ!

ダイエットを始めると、どうしても食事の内容に加えて食事の量を見直す必要があります。

特に食べ過ぎていた人、食べるのが好きな人は、食事の量を少なくするだけで簡単に痩せることができます。でも出来ることなら我慢せず「食べて痩せたい!」というのが本音ではないでしょうか?

しっかりと食べて空腹を満たしつつ、スッキリと痩せることが出来たら嬉しいですよね。でもいつも通りの食べ物を同じ量食べていたら、当然変化はありません。それどころか加齢すると代謝はどんどん落ちていくので、あなたのカラダは太りやすくなっていく一方です。

でも、「痩せる食べ物」を選んでダイエットをすれば、食べて痩せることだって不可能ではありません。ということで、今回は、「食べる量や回数は減らしたくない!」という男性に向けて、痩せやすい食べ物をご紹介します。

① ブロッコリー

まず、ブロッコリーには食物繊維が多く含まれています。

ダイエット中、食物繊維をしっかり摂ると腸の働きが活発となり、代謝が上がります。代謝が上がると体にこびりついた脂肪が燃えやすくなります。またもしも、便秘に悩んでいるようであれば食物繊維で便の排出がスムーズとなり、便秘の解消にもなります。太っていた原因は実は便秘から起こる体のむくみだった!ということもあるんです。
ほかにも、ブロッコリーにはカルシウムが多く含まれています。
実はカルシウムが不足すると肥満になりやすいというデータもあるんです!
それ以外にもブロッコリーは食べれば食べるほど痩せるマイナスカロリー食材の一つでもあるんです。
食感も良いですし、味にクセもないので、食べやすいのも利点です。
お腹が空いたらブロッコリーを!

www.sirogohan.com

② キャベツ

まず、キャベツはよく噛んで食べなければいけません。そのぶん、腹持ちが良いです。かさもありますので、食べれば食べるほどお腹が膨らみやすいですし、消化するのにパワーを使いますので、ブロッコリーと同じくマイナスカロリー食材の一つとなります。
そして、なんといってもキャベツには食物繊維が豊富に含まれています!ですから、腸の働きを活発にして代謝UPに役立ちます。
ダイエット中には欠かせない野菜の一つです!

matome.naver.jp

③ にんじん

実は、にんじんは健康的にダイエットをするためには非常に有効なな野菜の一つなんです。
食物繊維はもちろんですが、にんじんといえば「カロテン」ですが、にんじんに多く含まれているカロテンはがん予防、髪の毛や肌の健康維持などにも効果があるそうです。
さらに、にんじんの葉にはビタミンEが多く含まれています。このビタミンEには体の老化を防いだり、血中のコレステロールを抑え血流を促進する効果もあります。
葉の付いたにんじんはなかなか見ませんが、もしもスーパーなどで葉の付いたにんじんを発見したときは迷わず購入しましょう。

matome.naver.jp

④ アボカド

アボカドは体の脂肪を落とすのに高い効果を発揮してくれる野菜です。
というのも、アボカドに含まれる不和脂肪酸は非常に良質な油で、この脂が血中のコレステロールを抑えて、血液をサラサラにし、代謝をUPしてくれるのです。
また、アボカドに含まれるL-カルニチン、ビタミンB群、ビタミンEは脂肪燃焼の効果を高めます。ほかにも、アボカドに含まれるカリウムには、体内にある余分な塩分を排出し、むくみを解消してくれます。
他の野菜と比べてカロリーが少し高いですが、上手く活用すると体の中から健康的に痩せることが出来るでしょう。

news.cookpad.com

おわりに

男女ともに、ダイエット中の食事に「サラダ」は欠かせません。

しかし、そのサラダの中に含まれる野菜によっては、もっともっと痩せやすくなる可能性もあるのです!もしも、サラダを食べる場合、上記の野菜を摂り入れることをおすすめします。

我慢せずに野菜で満腹にしてダイエットを続ければ、健康的にスリムになれるはず!