健康的に見えて実は…

いざダイエットを開始!

でも、積極的に健康的な食事をとっているのに、なかなか痩せないという声を男女問わずよく聞きます。

「こんなに気を付けているのに思うように痩せない!」と嘆いているあなた。もしかして、体に良さそう!と思って摂取しているものが実際は、全然ダイエット効果などなく、むしろ太る原因となっているかも!

初心者の方がやりがちな間違ったダイエットを習慣をご紹介します。

① シリアルのみの朝食

ダイエットや健康食として用いられるシリアル。
牛乳をかけるだけで食べられるという手軽さも独身の方には手軽で嬉しいですが、実は朝食にシリアルを食べるよりもゆでたまごを1つ食べるほうがたんぱく質も豊富で腹もちが良いということがわかっています。

朝食にタンパク質が少ない、もしくは朝食をとらないと、脳に栄養分が行き届きません。すると、脳は栄養がないことを鋭く感知し、体が「飢餓状態」であると勝手に判断してしまいます。その状態で昼食を摂ると、飢餓状態からすぐに脱出しようと体が脂肪をため込もうとするのです。

さらに、最近のシリアルは穀類にハチミツや砂糖が入っていたり、ドライフルーツやナッツを混ぜたものが多く売られています。栄養バランスは良いので、食事をサポートするのには最適なのですが、なにぶんカロリーが高いのでダイエット向きではありません。

② 炭水化物抜きダイエット

痩せるためには炭水化物を抜くのが一番!と思っている方が多いですが、炭水化物はダイ疲労感がなかなか消えず、ダイエットに良いとは言えません。
何より、たんぱく質、脂質、炭水化物は、人間の生命維持活動に欠かせない三大栄養素の一つです。この3つの栄養素は、わたしたち人間にとって必要な栄養素の中でも特に重要とされている成分です。いくらダイエット中であっても、この3つを前提として、食事をする必要があります。
もちろん、炭水化物を摂り過ぎると太りますが、全てを抜くのではなく、炭水化物があまり含まれていない食品を食べたり、量を半分減らしたりするだけでOKです。
全てを抜くということはオススメしません。

③ フルーツジュース

オレンジやアップルなどのフルーツジュースはビタミン、ミネラルが手軽に摂取できそうなイメージですが、これらのジュースは果糖の取り過ぎになりやすいのも特徴です。
また、知らない方が多いようですが、果物は搾ることで栄養価が失われます。
ある研究によると、液体のフルーツジュースと固体のフルーツでは、カロリーは同じでも固体のほうが圧倒的に食欲抑制効果があることがわかりました。せっかく摂取するなら、フルーツジュースではなく、フルーツそのものを食べるのが良いでしょう。

④ オリーブオイル

オリーブオイルは飲んでも良いオイルとされていますが、その主成分のオレイン酸です。オレイン酸にはコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化、心筋梗塞、便秘の予防にも良いとされていますが、オイルですのでどんなに体に良くても「油」だということには変わりません。小さじ1杯でも50キロカロリーもありますので、美容には良いとされていますがダイエットとなると、あまり効果は期待できません。

おわりに

健康に良い、美容に良いとされることが「ダイエット」に良いとは限りません。
今回挙げた4つも美容や健康に良いと思って取り組んでいる人が多いようです。

もちろん、体に良いということには変わりませんが、痩せるとなると話は別です。
あなたが痩せない理由、それは健康とダイエットをはき違えていたことにあったのかもしれません。

痩せない理由を明確にすると、案外すぐにスッキリとした体型になるかも!