女性はしぐさでスキを伝えている

一般的に「気になる相手に自分の好意を伝えるしぐさ」といえば、目が合うと急に視線を逸らす、声をかける、頼み事をする、笑顔を見せるなどがありますが、基本的にこのようなしぐさをする女性は、その男性に対して好意を抱いていることでしょう。

当たり前かもしれませんが、鈍感な男子は気づかない人も結構いる様です。モテ道を追求するあなたはこれを活用していかない手はありませんよね?

もちろん、中には特別な好意はなくとも自然とそういった振る舞いができてしまう小悪魔な女性がいる事も忘れずに。

女性の心理が態度となって表れるパターンは大きく2つ。

一つ目は、
好きだから積極的にコミュニケーションをとってくるパターンです。

この心理はわかりやすいので、よほど鈍感な男性でない限り気づくはずでしょう。

わかりにくいのはもう1つのパターン。

好きだから避けてしまう、逸らしてしまうパターンです。

避ける度合いは人によりますが、相手が「俺嫌われるのかな…」と不安になるぐらい避けてしまう女性もいるようです。

それ以外でも、女性が「スキ」という気持ちを必死に表している行動はいくつかあります。

今回は、女性が訴えているのスキのサインをご紹介します。

① やたらと質問する

好きな人には率先して話しかけたいのは男性も女性も一緒です。その会話の始まりとして、質問があります。女性から質問してくるというのは、あなたともっと会話をしたい、話しを聞きたい、知りたいという心理があると判断していいでしょう。
ただし、会話の流れや、会話に詰まったときなど、1~2回の質問なら誰にでもします。
毎回、やたらと質問攻めにされるなぁと感じた場合、周りの男性に尋ねてみてはいかがでしょうか?もしも、自分だけにそうだった場合、脈アリの可能性が高いですよ。

② 目を逸らされるようになった

女性の心理として、好きになると相手が見れなくなってしまうパターンがあります。
男性の場合、好きな人を目で追います。もちろん女性にもそのしぐさはあります。
しかし、女性は目が合うことで自分の気持ちが相手にバレないか、どう反応していいかわからないといった潜在意識があり、積極的に目を合わそうとしなくなるようです。
あの子とよく目が合う!と思って告白してみたら玉砕…、なんて話よく聞きます。
よく目が合うのは、あなたのことを何とも思っていないからという場合もありますので、ご注意を!

③ 誘いを断らない・都合をつける

職場などでは社交辞令的なお誘いがいたるところで飛び交っています。
ですから、職場で相手が自分に好意があるかどうか判断するのは難しいのですが、一般的な判別方法は、相手の返事の仕方にあります。
誘ってみたときに相手の反応が「ごめんね。また今度誘って?」という、次の具体的な予定が決まらないようであれば、あなたに対する好意はそこまでです。

逆に「うん!行きたい」や、「行く!」という即答であれば、何かしらの好意があると思っていいでしょう。また、断られた場合でも、本当はすごく行きたいけど、先約があったり都合がつかないときは、向こうから日付を指定してきます。なんとしてでも、あなたからの誘いを繋げようとする場合、あなたに好意があると思っておおでしょう。
もしも、自分に好意があるかどうか判断したい場合は、あえて、相手が都合の悪そうな日に誘ってみるとわかりやすいかも。

おわりに

女性の心理は男性の想像がつかないくらい遥か斜め上をいっているので、なかなか判断しにくいところがあります。

女心と秋の空なんていうくらいですから、昨日と今日では感情も大きく変わることもあります。
女性の好意のサインは一見すると判断しにくいものですが、だからこそ恐れず一歩男性側から行動して、手を差し伸べてあげることが大切ではないでしょうか?

男性が思う以上に、女性は臆病で傷つきやすい生き物です。また、男性よりも感情を隠すのが上手いので、男性の何気ない行動一つに傷つき、喜び、一喜一憂しています。

好きのサインを感じたら、まずはじっくり観察してみてください。そして、どうか見逃さないで下さい。気付かれたくないけど、本当は気づいてほしい。

女性とは愛すべき面倒な生き物ということを常に忘れずに思っていてくださいね♡