理想と現実は別!

女性は男性よりも恋愛に関してシビアです。

理想としては「自分よりも背が高くて、優しくて、イケメンで、経済力があって!」などと、思い描いているかもしれません。それは男性も同じではないでしょうか?理想としては「スタイルが良くて、可愛くて、優しくて、料理上手で!」などと、思い描きませんか?

しかし、男性と女性の違いは、女性はその理想と現実が別だとハッキリ認識しているところです。理想の男性と付き合えなくて当然。そう思っている一方で、こんな男とは絶対に付き合いたくない!というボーダーラインも自分の中で定めています。つまり、最高ラインと最低ラインを、ある程度自分の中でハッキリとさせているのです。

そんな最低ラインの下にいる男性の特徴、気になりませんか?

今回は、女性がいくらイケメンでも絶対に彼氏にしたくない男性の特徴をランキングにしました。

1位~5位まで、チェックしてみてくださいね!

第5位 価値観を押し付けて来る男

「これはこうでしょ?」などと、さも当たり前のように自分の意見が正しいと思って疑わない、そして、それをさも当然のように相手に押し付ける男性。女性は大嫌いです。

こちらがぐうの音が出ないほどの根拠や数値的なデータを出されれば、まだ納得出来ますが、何の根拠や理由もなく「自分の意見が正しいに決まっている!」と引かない男性は99%モテません。価値観は押し付け合うものではなく、共有し合うものです。

理解し合えなくとも、歩み寄り、分かり合おうと努力することが、良い関係を築くために必要なことではないでしょうか?

第4位 口だけで行動力が無い男

「会社を変える!」などと大口を叩いているわりに、それに見合う努力をしない男。

女性はその言葉の後の行動をしっかりと見ています。女性がドキッとするような発言をした場合、気を付けなくてはいけないのはその後です。女性は賢い生き物ですので、その男性が言った言葉からどういった行動を起こすのか、最後まで見届けて判断します。

つまり、発言に対して行動が伴っていなかった場合「この男はナシ!」と即決されます。
出来ないのなら言わないことが一番です。言葉よりも行動が起こせる男性はモテます。

第3位 何に対しても批判的な発言をすることがカッコイイと思ってる男

近年、毒舌な発言をするタレントや芸人がもてはやされていますが、毒を吐くには豊富な知識、思いやり、センスが必要です。誰彼構わず、内容のないただ批判的な発言をする男性は、「薄っぺらい男」だと思われているでしょう。

女性から見れば、何の志も、思いやりも、意見もなく、批判的な意見を言うのは「誰も言わないのに言える俺!」に酔っているだけです。ただただ格好悪いので、止めましょう。

第2位 清潔感が無い男

女性は男性にハイセンスなファッションやヘアスタイルを求めていません。会社であればスーツ、私服であれば、ジーンズにシャツで十分なのです。

ただし!そこに清潔感があることが重要なのです。

よれよれのシャツ、ぼろぼろの靴、べたついた肌、ぼさぼさの髪の毛、これはNGです。

これらは、大した努力をしなくとも改善出来るはずです。シャツはクリーニングに出す、靴は新調する、肌はこまめに汗ふきシートなどで拭く、髪の毛はカット&セットする。これはエチケットです。最低限のマナーともいえます。

これらが出来ていないような男性は、周りの気持ちを考えない男と認定されるでしょう。

第1位 自慢話、過去の栄光、自分のことばかりな男

堂々の第1位は、「自慢話、過去の栄光、自分のことばかりな男」です。
一緒にいても自分の自慢話ばかり、過去の栄光にすがっている話ばかり。女性はそういう男性が一番嫌いなのです。
これは男女問わずですが、自他ともに認めるような自分のすごい話というのは、自分の口から話すものではありません。

自分以外の人の口から語られることで価値が上がるのであり、自分の口から話すことで、間違いなく価値が下がるでしょう。絶対に止めて下さい。

おわりに

悲しいことに、非常に多くの男性がこういった行動をとってしまい、女性に対象外とされてしまっているのです。しかし、裏を返せば、これらの行動を絶対にしなければ恋愛の失敗をいくつかは防げるのです。

好かれたい相手が出来たら、まずは自分が相手に嫌われる行動をしていないかをチェックすることも大切ですよ。