上司も同僚も部下も関係ない

家族よりも、恋人よりも長い時間を一緒に過ごすのが会社の人ですよね。

男性も女性も社内に素敵な人がいれば、毎日出社するのも楽しみになりますが、現実はどうでしょうか?

仲間うちだと、恋愛に発展する異性ってなかなかいないと思いませんか?

あるアンケートでは、女性は社内の男性を上司も同僚も部下も関係なく、男としてアリかナシかを無意識に判定しているそうです。

では、社内でアリになる男性とナシになる男性とはどこに違いがあるのでしょうか?

実際に会社で働く女性たちからの声も一緒にご紹介します。

異性として魅力的だと思う男性

「同期が自分の失敗をいつもさりげなく助けてくれるんです。ポイントはさりげないところです。押しつけがましくないのがカッコいい!」(23歳/営業職)

「後輩なんですけど、英語が得意な子なんです。だから、外国人のお客さまとも積極的にコミュニケーションを取れててすごいなぁっていつも思っています。でもそれを自慢することなく、誰かに言うこともなく、年下なんですけどイイ男だなぁって思いますよ」(32歳販売職)

「上司に相談をすると、無理やり内容を言わせようとするのではなく、自分が聞きたいことを的確に話すように誘導してくれて、ちゃんと的確な答えもくれるんです。素敵だなぁっていつも思ってます」(28歳/技術職)

年齢に関係なく、さりげない気づかいや仕事ができることなどが多くの女性から評価されるポイントのようです。重要なのは、さりげないこと!でしょう。

決して押しつけがましくなく、ナチュラルな行動や発言が、女性の目には魅力的な男性だと映っているようです。

では反対に、苦手な男性のポイントとは?

異性として魅力が無いと思う男性

「先輩なんですけど、伸び放題のひげ、変な寝癖、身だしなみを気にしていないのは本当に汚いです。その状態で近づかないで欲しい…」(31歳/営業職)

「上司なんですけど、とにかく臭い。言い方は悪いですけど、排気ガスみたいないにおいがするんです。毎朝不快です」(25歳/販売職)

「機嫌が良い日と悪い日の差が激しすぎて、こっちが疲れます。同期だからまだ許せるけど、みんなに迷惑かけてるの気づけよ」(29歳/専門職)

「後輩はまぁまぁのイケメンなんですけど、おそらく彼は自分がイケメンであることを自覚しているので、振る舞いがいちいち鼻につくって女子社員からは嫌われてます。本人気づいてないけど…」(25歳/事務職)

「派遣社員、アルバイトに対して超上から目線な先輩。そういう先輩に限って大した仕事していないんですよね」(35歳/事務職)

ほかにも多かった回答の中には、体臭、口臭、タバコなどの「におい」に関するものでした。やはりにおいは生理的に駄目と感じる女性が多いようです。

そして、自信過剰だったり、威圧的、人によって態度が違うといった人が女性からは嫌われているようです。男性から見ても「えっ」と思う男性は、やはり女性からも「おいおい」と思われているということです。

自分が気になっている相手でなくとも、「異性として魅力が無い」と思われるのは悲しいことですよね。魅力的だと思われなくとも、せめて、不快だと思われないように、身だしなみや行動には気を付けましょう。

おわりに

くどいようですが、女性は恋愛関係に発展しなくとも、上司も同僚も部下も関係なく、男としてアリなのかナシなのかを無意識に判定しています。

そこに深い意味はなく、無理やりにでも意味を挙げるならば、女としての本能とでもいうのでしょう。男としてナイ男性よりも、アリの男性の方が、接したい、見ていたいと思うのは当然ですよね。

そして、そんな男性が困っていれば、助けたい、力になりたいと思うのが女性です。色々な意味で魅力的な男性は間違いなく得をしています。

あなたは男性として魅力的な男性ですか?