EDは年齢問わず、誰にでも起こりうる症状

EDとは、別名「勃起不全」とも呼ばれており、勃起機能が低下することによって起こる症状です。
20代の男性、とくに20代前半の若い男性には縁のない症状だと思われがちですが、そんなことはありません。

EDを全く勃起しない状態だと勘違いされている方が、まだまだ多くいますが、実際はそうではありません。EDとは、完全に勃起出来ない状態だけでなく、勃起するのに時間がかかってしまう状態、勃起はするけど持続することが困難な状態、これらすべてがEDの症状なのです。原因には加齢の他にも様々なことが考えられますので、決して中高年層だけの問題ではなく、どの年代の男性にも身近な症状なのです。

EDの原因

まず、加齢に伴って性欲や勃起に対する機能が衰えていくのは、男性の身体の仕組み上、自然なことです。これは、加齢による動脈硬化などによって血液の流れが悪くなるためです。それ以外にも、ストレスの蓄積、乱れた食習慣、タバコ、病気などが原因になります。
様々なことが原因として挙げられますが、実際にEDと診断された男性のほとんどが、原因は心因的なことにあるそうです。
精神的な問題から勃起が上手くできなくなることを「心因性ED」とも呼びます。心因性の場合、年齢に関係なく、若年層にも見られるのが特徴です。ただし、精神的といっても、当然、一人一人原因は変わります。
では、どういったことで心因性EDになってしまったのか。以下、心因性EDと診断された男性たちの原因です。

・仕事で息つく暇もなく、ストレスが溜まり、不眠症になっていた
・彼女とSEXしたいと思うよりも休みたいという気持ちが勝り、性的な興奮が抑制されてしまった
・女性との経験が少なくて、いざ彼女が出来て、SEXとなると構えてしまった
・もともと緊張しいで、人付き合いが苦手
・過去に付き合った彼女にSEXのことで自尊心を傷つけられた

上記のことはほんの一例です。これらの原因によって心因性EDとなってしまったのです。
とくに、女性にSEXのことで馬鹿にされたり、過去に失敗した経験がずっと心に残っていると、勃起しなくなってしまう人が多いそうです。

EDを予防することは出来る

今はEDでなくとも、今の時代、世の男性全てが「ED予備軍」であるといっても過言ではないでしょう。EDと診断された場合には、治療を行う必要がありますが、症状が酷くない場合や、持続しなくともまだ勃起することが出来ているうちは予防することが出来ます。そもそもEDは生活習慣と密接な関係にあります。

ストレスを解消する生活、正しい生活習慣が、ED予防には欠かせません。また、不足している栄養を食品やサプリメントで摂取することも重要です。ED予防に関して言えば、「Lアルギニン」という成分がおすすめです。勃起不全に非常に高い効果を発揮することがわかっていますので、「ED予備軍かも…」と自覚にある方は、Lアルギニン成分が含まれている食べ物やサプリメントを摂取するようにしましょう。

おわりに

日々、体に気を付けていても勃起力を失ってしまうことはあります。
これは年齢のせいなのか、それともEDのせいなのか、とくに30代の微妙な年齢の場合、見極めるのは難しいと思います。
「まだそんな年齢じゃないし…」と安易に思わずに、誰にでも起こりうる症状であるということを念頭に置いてください。20代でも、30代でも、それこそ10代の学生にだって、現在進行形で起きている症状なのです。
決して見て見ぬふりをせず、普段から体調を整えるために健康的な生活を送りましょう。