野菜スープダイエットとは?

野菜スープダイエットとは、主に「脂肪燃焼効果」の高い野菜を中心に、チキンスープや塩などで味をつけて作ったやさいスープを一定期間食べるダイエットのことです。

野菜スープは1日3食でも、およそ700kcal前後しかありません!野菜スープに加えてご飯を食べたとしても、一日1000kcal前後に抑えることが出来るのです。
この野菜スープダイエットは、心臓外科手術の前に安全に減量を行うために用いられているダイエット法でもあるので、安全性はお墨付き。

ここからは、野菜スープダイエット中のルールやおすすめ食材をご紹介します。

野菜スープダイエットのルール

① アルコール禁止
アルコールは脂肪燃焼を妨げます。もしもアルコールを摂取してしまった場合、野菜スープダイエットは1日空けてから開始してください。

② 甘味料は控える
野菜スープダイエット中は、体についた脂肪を燃やしてエネルギーにするので糖質はできるだけ控えましょう。
飲み物も水かお茶。ジュースやカロリーゼロの飲み物であっても避けましょう。

③ 炭水化物はできるだけ避ける
炭水化物は糖質でできていますので、炭水化物をたくさん摂ってしまうと睡眠時に脂肪燃焼を邪魔します。お腹が空いたら野菜スープを食べましょう。

野菜スープダイエットの体重減以外の効果

野菜スープには、使った野菜の脂肪燃焼効果だけでなく、食物繊維がたっぷりですの、体内の老廃物の排出やお通じをスムージにし、脂肪を燃えやすい体を作ります。

これにより、体重が減少し、さらにはお通じも改善、老廃物が排出されると血液の流れも良くなりますのでの代謝も上がります。代謝が挙がると、免疫力も上がり病気になりにくい体を作ることが出来ますし、太りにくく痩せやすい体をサポートすることが出来ます!

野菜スープダイエットに最適な野菜

基本的にどんな野菜でもOKですが、特に脂肪燃焼とその補助効果の高い野菜をご紹介します。

① キャベツ
キャベツはビタミンCと食物繊維が豊富に含まれています。また、キャベツは煮て食べると、抗酸化作用が生食の約5倍にもなるので、身体の中をキレイにすることが出来ます。

②たまねぎ
たまねぎには血液をサラサラにするだけでなく、代謝を上げる効果があります。また、たまねぎの成分には動脈硬化や血栓を予防する働きもありますので、中高年層の男性にもピッタリです。

③トマト
トマトは抗酸化作用が非常に高い「リコピン」がたっぷりと含まれています。また、ビタミンも豊富ですので、体重減少だけでなく、肌や髪の毛も若々しく導きます。

④ ニンジン
ニンジンには抗酸化作用のある「カロチン」が豊富に含まれています。また、ニンジンには体を温める働きもありますので、血液の流れを促して代謝をUPさせます。

おわりに

以上が、野菜スープダイエットの基本になります。

野菜スープダイエットは、とにかく一週間程度、野菜スープを食べ続けることです!安全に、そして確実に体重が減り、身体の中をキレイにしてくれますよ。

もしも、野菜スープ中心だと体が持たないという方は、スープの中にゴボウやきのこ類などを入れてみましょう。根菜類の方が腹持ちが良いので、普段たくさん食べる方は根菜を中心とした野菜スープを作ってみてください。
それでもリタイアしてしまいそうという方は、最初の数日間は野菜スープを食べて、次は野菜スープに少しお肉(鶏肉)を入れてみるのも良いですよ。もちろん最後の数日は野菜スープに戻すこと!そうやって、自分なりに工夫しながら試行錯誤していると、あっという間に一週間は終わっているはずです。

スープにお肉を入れると当然カロリーは上がってしまいますが、鶏肉であればカロリーもさほど気になりませんし、長続きさせるという意味ではスープにお肉を入れるのもアリです。野菜スープダイエットで、安全に、そして健康的に減量を目指しませんか?