ダイエット中でも楽しくお酒を飲みたい時がある!

ダイエット中に飲み会に誘われた経験、ありませんか?

一人での食事ならお酒の量も調節できますが、多くの人が集まる楽しいお酒の席で自分の都合(=ダイエット)をさらけ出してしまっては、場がしらけかねません。

でも…ここでお酒を飲んでしまっては、せっかくのダイエットの水の泡…。

そもそも、お酒は太るというイメージがありますが、どういう理由で太りやすいかはご存知でしょうか?

そこで今回は、ダイエット中でも少量なら太りにくいお酒&太りにくいお酒の飲み方をご紹介します!

太るお酒と太らないお酒がある!?

私たちが普段口にするアルコールには、大きく2つの種類があります。
1つが「醸造酒」と、もう1つが「蒸留酒」です。

醸造酒とは原料となる果物・穀物に酵母を加えて発酵させたお酒のことです。

醸造酒の代表的なものに、ビール・日本酒・ワインなどがあります。

原料となるものは主に、米・大麦・果物などで、これらの醸造酒は比較的太りやすいお酒と言われています。

一方の蒸留酒とは、醸造酒を蒸留して作られたお酒です。

一度、醸造酒を加熱し、蒸発した湯気を冷やして作られているので、成分はほぼアルコールと水分のみとなっており、カロリーがない為、太りにくいお酒と言われています。

太りにくいお酒の種類

① 焼酎
焼酎は蒸留酒の一種です。脂質・糖質を含まないので、ダイエットに最適なお酒!
水やソーダで割ることで、アルコール度数を下げることも出来ますので、たくさん飲んでしまってもさほどカロリーは摂取していません。

ちなみに、サワーなどの場合、オレンジやグレープフルーツなどの果汁を入れると、「イノシトール」という成分がコレステロールの代謝を助けてくれるのでおススメです。

② ブランデー、ウイスキー
ブランデーとウイスキーも蒸留酒で糖質を含まない太りにくいお酒です。

ブランデーの香りにはリラックス効果があり、代謝促進のホルモン分泌を促す効果もあります。ウイスキーは近年流行りハイボールなどで飲んでみてはいかがでしょう?アルコール度数も下がり、カロリーも下がるので、たくさん飲んでも罪悪感がありませんよ。

また、ブランデーもウイスキーも香りを楽しみながらゆっくり味わえるお酒ですので、飲み過ぎを防ぐことが出来ます。

ダイエット中は控えたいお酒

上記でも説明したように、醸造酒であるビール・日本酒・ワインなどはダイエット中はNGです。

醸造酒といわれるものには全て糖分が含まれており、糖質はダイエットの敵です。

ただ最近はこれらのお酒であっても糖質ゼロのものや脂肪分ゼロのアルコール飲料も増えていますので、そういったものであれば大丈夫です。

太りにくいお酒の飲み方

① 飲む前に「タンパク質+脂質」を摂取

タンパク質や脂質を含むものは消化吸収に時間がかかるので、その後のアルコール吸収を穏やかにしてくれます。飲み会などで手軽に食べられるものでおすすめなものは、おにぎり、チーズ、ビーフジャーキーなどです。
  

② ゆっくり時間をかけて飲む

勢いよく飲むとお酒の量は増えてしまいます。

また、一気にアルコールを体内に入れるとアルコールの回りが早くなり、酔いも早くなります。酔いがまわったことで、ダイエット中であることを忘れてしまっては困りますので、アルコールは一気に飲まず、ゆっくりと会話を中心に楽しみましょう。

おわりに

ダイエット中であっても、大好きなお酒を我慢してしまってはかえってストレスが溜まり、ダイエットに対してネガティブになります。

ネガティブな気持ちは身体にも悪影響を与えますし、何よりダイエットは前向きに取り組まなければ意味がありません。

年齢を重ねると、どうしてもダイエットの成果が出にくくなります。だからこそ、自分にご褒美をあげて、明日への活力になるようなこともダイエットには必要なのです。