SEXは二人の心と体を満たすもの!

SEXは、肉体的な繋がりが強い印象がありますが、肉体的な繋がりよりも精神的な繋がりを重要視する女性は、SEXの最中も相手の行動を通して想いが感じなければ、どんなに気持ちのよいSEXだったとしても心は冷めているでしょう。

女性の心をひんやりとさせないためにも、SEXの最中に多くの女性が不満を感じている男性の行動を4つ、女性からの声と共にご紹介します!あなたは大丈夫!?

①キスをしてくれない

「単にセックスに集中して忘れているのか、それとも私がキスするほどの女でもないのか、SEXの最中に彼氏にキスをされなかったことが今でもショックです。多分、男性にとってセックス中にキスをしようがしまいが気持ち良さって変わらないと思うんです。でもだからこそ、キスをたくさんしてくれると、快感よりも感情を優先してくれているようで嬉しんですよね」(M・Tさん)

愛情表現の一つであるキス。セックスよりもキス重視という女性も少なくありません。

SEXの最中に、キスを忘れると「結局身体だけか…」と思われる可能性も!?

②テクニック自慢のような激しい愛撫

「過去に付き合った彼氏がAVの影響を真に受けたような激しい愛撫をしてきて最悪でした。それで気持ち良いならまだしも、ただ痛いだけだっつーの。それで『自分のテクニックはどうだっ!』的などや顔されても、普通に冷めますよね。上手い愛撫じゃなくてもいいから、女性の体に思いやりの愛撫をしてほしいです。それが、一番女性の心を満たします」(R・Sさん)

女性の体は本当にデリケートです。ちょっとしたことで中が傷ついてしまったり、男性の自分勝手なセックスによって心が行為を拒否し、濡れないこともあります。

そんな状態で独りよがりのSEXを続けるのはお互いに虚しいだけです。

気持ち良くなってほしいという思いはわかりますが、まずは女性が安心出来るSEXを!

③コンドームを外そうとする

「最近付き合い始めた彼氏が、自分の判断でコンドームを外そうとしたんです。そのときは雰囲気を壊すかと思って言いませんでしたけど、内『うそでしょ?』と幻滅しましたね。それじゃあコンドームの意味がありませんし、自分の快楽しか考えていないんだなぁと思いました。男性には、もしも彼女に『コンドームつけなくていいよ』と言われても、コンドームをつけるくらい男気を見せて欲しいです」(S・Wさん)

コンドームとは何のためにあるのでしょう?

お互いが安心に、そして安全にSEXを心から楽しむためにあるはずです。
コンドームの装着は男性にとって最低限のマナーです。男女にとって当然の認識ですので、こんなことで女性をがっかりさせてはいけませんよね。

④自信過剰

「元彼が自分のテクニックに自信持ちすぎ男で引いて別れました。それで巧いならまだしも、普通だし。自分のテクニックにうぬぼれる前に私への配慮が欲しかったなぁ。気持ちよくしたいと思うのは私のためというより自分の自尊心を守るためだったように思えちゃったんです。格好つけなくたって、上手くなくたって、好きな相手とのSEXなら幸せなんです。それこそ、裸で抱き合っているだけでも幸せなんです」(Y・Yさん)

SEXは男性の自尊心を見せつける場ではありませんよね。

思いやりのないSEXに女性は不満と不快感を抱きます。自分に自信を持つことは決して悪いことではありませんが、相手の反応をしっかりと見て、気持ちを察することを忘れずに!

おわりに

女性にとってSEXの最中に不満に感じるときというのは、そこに「思いやり」が感じられないときなのです。親しい関係でなくとも大切な思いやりが欠けていれば、不安になって不満に変わるのは当然です。
SEXの最中、女性に不満を感じさせないためには、女性を不安にさせないこと!