禁煙ブームの昨今、タバコのイメージは良くない…

近年とくに禁煙がブームと化し、どこのお店に行っても喫煙禁止が多くなりましたよね。

喫煙者にとっては肩身が狭いですが、デート中にタバコを吸う男性に良くないイメージを抱く女性は圧倒的に多いのが現実です。しかし、喫煙者としてのマナーとルールをしっかりと守っていれば、たばこ嫌いの女性も男性を見直すきっかけになることも!

そこで今回は、 20代~30代女性に聞いた、「タバコのマナーが良くて彼を見直した瞬間!」を4つ、ご紹介します。

子供がいる場所での喫煙は絶対にしない

「タバコの何がイメージ悪いかっていうと、タバコを持った手で平気で街中を歩く人がいるじゃないですか。小さい子どもに当たったらどうするんだろうってこっちがひやひやして、恐怖感と怒りさえ覚えます。だからこそ、喫煙者の彼が、街中や子どもがいる場所では絶対にタバコを吸わない姿を見ると安心します。タバコは嫌ですけど、マナーを守ってくれるのであれば理解しようとは思えます」(A・Mさん)

歩きタバコや子どもの前での喫煙は、子どもだけでなく、それを見ている女性にも恐怖感と怒りを与えてしまいます。そういった喫煙者は一部ではありますが、決して少なくはないからこそ、当たり前のことが出来ている男性には好感を抱きます。

携帯灰皿を常に持ち歩いている

「携帯灰皿って、喫煙者なら皆持ってるものだと思ってたんです。でも私の元カレは持っていなくて、普通に道端に落として靴で踏み消したのを見て、一気に冷めました。自分のゴミは自分でゴミ箱(タバコであれば灰皿)に捨てる。子どもでも出来ることを大人が出来ないなんて恥ずかしいです。今付き合ってる彼は、当然のように携帯灰皿を持ち歩いていていることに付き合った後に知って、やっぱりこの人で間違いじゃなかった!って心底思えましたね」(K・Aさん)

タバコのポイ捨ては本人が思っている以上に、最低な行為です。
喫煙者であれば、携帯灰皿を常にポケットに忍ばせて、必ず自分で片付けましょう。誰も見ていないからOKではありません。

タバコを吸うときに「吸ってもいい?」と一言断ってくれる

「タバコは嫌いです。煙も嫌だし吸っている人にも良いイメージはありません。でも、一言断ってくれれば、こっちも嫌だなんて言いません。相手がタバコ嫌いな人だということがわかっていれば、一言断るのはマナーですよね?」(I・Kさん)

断りもせずに、急にタバコに火を点ける人は「常識も思いやりも無い人」だと思われても仕方ありません。

密室の空間では我慢してくれる

「車内などの密室空間でタバコを吸うのは絶対にやめまてほしいです。私の父は気にせず車内でも吸う人で、子どもの頃からそれがすごくいやだったんです。だから、今の彼との初デートのとき、結構な喫煙歴なのに、何度も何度もフリスクを食べてタバコを我慢してくれたときは惚れ直しましたね。タバコに手を出さなかったというより、私のために我慢してくれたことが本当に嬉しかったです」(O・Eさん)

外や広い場所であれば、タバコの煙も付きにくいですが、車内などの狭い空間になってしまうと、たとえ一本でも煙の影響を大きくなります。服や髪の毛だけでなく、バッグや靴などにもタバコの臭いが染みついてしまうこともあります。

また、タバコの煙に慣れていない女性であれば、煙の影響でめまいや息詰まりを感じる女性もいます。

おわりに

意中の女性や彼女が煙草嫌いの場合、そしてどうしても急に禁煙は無理と言う方は、今急速に愛用者が増えているフィリップモリスの「アイコス」などのヒートスティック型タバコにチェンジしてみるのも一つの手段です。

ヒートスティック型タバコは喫煙者、禁煙者にとっても代替品として「タバコ感がある」「灰が出ないので扱いやすい」と好評ですが、おススメする理由は他にもあります。

「臭いや煙が気にならない」「有害物質が少ない」など、タバコ嫌いの女性でも、「これなら…」と譲歩してもらえるのがヒートスティック型タバコだったりします。

すぐに禁煙する必要はないかもしれませんが、健康のために、そして大切な女性との未来のために、今から少しずつ喫煙本数を減らしてみても良いのでは?