合コンで気に入った女性が居たら、ぜひとも次のデートに誘いだしたいですよね?

合コンにやってくる女性は毎回変わるのに、いつも同じような口説きパターンになっていませんか?

今回は、デートに誘う口説き方を女性のタイプ別に提案していきます。

デートに誘う前に「リサーチ」は必須!

合コンに参加したあなた。好みのタイプの女性と運よく隣同士の席になりました。

そこで、あなたは合コンが終わるまでに仲良くなって二人きりのデートに誘いたい!と思います。ここで大切なのは、彼女がそのお誘いに対して、「うん」と言ってくれる確立を上げること。

そのために、必要なことは何だと思いますか??

答えは「彼女について十分にリサーチ」をすることです。

他の男性に取られる前に誘わないと!と焦って誘うのは愚の骨頂!

彼女のことを何も知らない状態で誘ってみたところで、その成功率は限りなくゼロパーセントに近いのですよ。

合コンに参加する女性からよく聞く言葉です。

「XX君に誘われたけど…あんまり話してないから良く分からない(だから出かけない)」

これは、XX君のことを良く知らない、という意味でもあり、XX君は、”私のことを”良く知らないくせに・・・と言う意味でもあります。

女性は、自分のことを良く知ってもらった上で、誘って欲しいと思っているものです。特に、華やかで、美人な女性の場合は、常に外見を判断されて誘われることが多いため、「私のことなんて何も知らないのに」と思われ、警戒されることが多くなります。

合コンではまずは、焦らずじっくりと相手の女性の話に耳を傾けて彼女の人柄を知るようにしましょう。

彼女の趣味は?興味のあることは?

合コンでは、趣味の話で盛り上がることも多々あります。同じ趣味で盛り上がれば誘いやすいかもしれませんが、違った場合でも大丈夫です。

多くの女性の場合、「やったことないだけ」と言う場合が多数あります。特にアウトドア系の趣味などは男性がいないとなかなか女性だけで出かけることも難しかったりします。例えば、釣りをしてみたいけれど女性だけでは行ってもどうしたらいいのか分からなかったりして行けていない、という場合。ここは男性から誘ってあげれば意外とOKがもらえます。

アウトドア系の場合には、最初はふたりきりではなく大人数で賑やかに出かけることをお勧めします。

また、あなたの趣味でなくても、彼女がやってみたいと思うことを聞き出して、一緒にやってみよう!と誘うのも自然ですね。

その際には、お互い初心者ですのであなたはしっかりと事前リサーチをして、彼女をエスコートしてあげることを忘れないように!

タイプ別にみる女性の誘い方

さて、最初に書きましたように女性のタイプによって誘い方も変わってきます。合コンの間にいろいろな会話をして彼女のことを良く知り、また自分のこともある程度知ってもらえたらデートに誘う準備はOKです。

タイプ別のデートへの誘い方について私なりの提案をしますね。

① お酒好き女子

あなたが普段行くBarに誘ってみると良いでしょう。女性同士ではBarにはなかなか行く機会もないため、喜んでもらえます。また、本格的にお酒が好きな女性には日本酒やワインなどの試飲会イベントもお勧めです。周りに大勢の人がおり、会話する相手も沢山いますので、緊張感も少ないですね。

② 30代グルメ女子

美味しいものが好きな女性には、ちょっと奮発した高級レストランに誘ってみましょう。食べ物で釣るという訳ではありませんが、効果は結構あります。最初のデートでばっちりエスコート出来れば次にも繋げて行けるでしょう。

③ SNS好き女子

SNS映えするイベントやレストランに誘ってみましょう!ニュースなどで良く取り上げられるような肉フェス、ビアガーデン、ちょっとオタクなイベント等。

めざましテレビなどチェックして、取り上げられているトレンドの場所などを提案してみるといいと思います。SNSにアップする画像に無理やり映り込むなんて野暮なことはしないように!

④ オタク女子

オタクと言っても、コミケに行くような本格的なものは私も分かりません(ちょっと行ってみたいですが!)。最近では少女漫画など30代の女性も(男性も)読んでいます。また、少年漫画なども女性ファンが多いですよね。映画化されたり、アニメ劇場版などもありますから、「好きなら、一緒に行こうよ!」とさらりと誘ってみるのはどうでしょうか?

おわりに

男性が容姿などで女性を良いな、と思うように女性は男性のキャラクターに好感を持つものです。

逆に言えば、あなたが容姿に自信がない場合にも、お相手の女性が好むキャラを持っていれば意外とあっさりデートのお誘いには応じてくれるものなのです。初対面で女性が好むキャラと言うのは「強烈すぎない人」です。

合コンでは周りに合わせられる、自我が強すぎない人を目指しましょう!