女性陣にとって気を付けなければいけないのが、合コンに参加してくる「既婚男性」

ここ最近の筆者の経験では、合コンに既婚者が含まれる割合は8割を超えています。いくら、独身で揃えて欲しいと、男性幹事にお願いしても、既婚者が混在してきます。既婚者が幹事よりも年上の場合、断り切れなかったのだろうな、と同情の余地もあるのですが・・・。

総じて、既婚者の方が評判も良く、モテたりするのが世の中の悲しいところですね。

考えてみれば既婚者とはすでに、愛する妻を手中に収めることに成功した人物。男性として魅力がないわけありません。

ということで、今回は既婚者の言動から学ぶ、モテるテクニックについてご紹介していきます。

大人の男性としての余裕がある

まず既婚者には、独身者(とくに彼女が欲しいと焦っている若造)にはない、余裕があります。

ここ数年、セックスする相手もいない、一緒に食事をする相手もいないようながつがつした男性とは違い、女性に慣れているため、その余裕が女性にとってはとても魅力的に映るのです。

私自身、ここ数回の合コンでは毎回既婚者と連絡先を交換し、デートを楽しんでいます。美味しいものを食べに連れて行ってもらったり、カップルでしか行かないようなおしゃれなバーに行ったりと・・・仕事や趣味の話などもとても面白く飽きません。

変に恋愛を意識しないで付き合えるので気が楽です。既婚男性にしてみても、たまに女性と出かけることが楽しいようで・・・余裕のある男性がモテる、というのは事実です。

女性が好む「コツ」を知っている

既婚男性の場合、一番の身近に自分の妻がいます。そのため、女性の好きなものにも理解があるようです。デートに選ぶレストランも女性が好きそうなものをチョイスしてくれます。

また、会話に関しても、普段から妻の長話に付き合っているためか、こちらがだらだらとつまらない話をしても、うんうん、と聞いてくれます。女性が押さえておいて欲しいコツを知っているようです。

筆者からしてみても、既婚者を見る時にはすでに一枚「他の女性に選ばれた男性」というフィルターがかかっているためより一層、男性としての評価は高まります。

経済的に余裕がある

世の中の多くの既婚男性は、「お小遣い制」の中で生活をしています。

奥様から月額決められた金額をいただいてその中で生活をしています。しかしながら、合コンにやってくるような既婚男性は金銭的に余裕がある場合が多いです。(だからこそ、合コンに参加出来ているのでしょう) 合コン、二次会、その後のデート・・・費用負担はかなりのものになりますがそれを彼らは支払っているのです。

女性にとって経済的な余裕は、魅力として映ります。逆に、30過ぎても割り勘などを提案してくる男性ははっきり言ってNGです。そういった点でも、経済的に潤っている既婚男性がモテるのも仕方ないことなのかもしれません。

但し、既婚男性でも、「生活感」がにじみ出ている人はモテません。

妻の愚痴を言うような人はNGです。30代独身女性は、未だに「結婚を夢見る」状態にあります。そのため、結婚後もその夢の続きの中で生活する、と考えているのです。結婚後も自分の旦那にはいつまでもかっこよくいて欲しいと思うものなのです。

生活感というものはそういった憧れを一気に打ち砕いてしまうので・・・だからこそ既婚男性の生活感はNGなのです。

おわりに

既婚男性から独身男性が見習うべきところ、分かりましたでしょうか?

簡潔に言ってしまえば、「余裕」なのだと思います。30才以降の女性が求めるものはどっしりとした安定感。独身男性であってもそれらを手にすることはできます。

上記に書いたことをもう一度読んでいただきぜひ、実践してみてください。

必ずあなたにもモテ期が来るはずですよ!