飲み物が脂肪燃焼をサポートする

脂肪燃焼に役立つ飲み物といえば「緑茶」が有名ですよね。緑茶に含まれるカテキンは、体に脂肪が蓄積するのを防いでくれるの、脂っこい物を食べた時でも緑茶を一緒に飲むと脂肪がつきにくいともいわれています。

matome.naver.jp

緑茶のように、脂肪燃焼をサポートする飲み物が他にもたくさんあります。

今回は、脂肪燃焼をサポートする身近な飲み物をご紹介します。

①無糖のコーヒー

matome.naver.jp

コーヒーに含まれる「カフェイン」は代謝をUPし、消費エネルギーを向上させます。

さらに、カフェインには脂肪分解をサポートする作用もあります。
砂糖が入っていないブラックコーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールも含んでおり、このクロロゲン酸には動脈硬化、老化などを予防する抗酸化作用があります。また、肝臓で脂肪を燃やしやすくする作用も持っています。

それ以外にも、コーヒーに含まれるカフェインは血中の脂肪酸濃度を高くします。脂肪酸濃度が高くなると、脂肪酸が筋肉に取り込まれますので、脂肪酸をエネルギー源として消費してくれるのです。

②100%のオレンジジュース

greatlife.livedoor.biz

柑橘類の果物には代謝機能をUPするので、摂取すると代謝が上がって痩せやすくなります。とくにおすすめなのが、オレンジです。

100%のオレンジジュースは比較的どこでも手に入りますし、1000mlや500mlなど、適切なサイズを選ぶこともできます。

飲むタイミングとしては、軽く運動した後などがおすすめです。
100%のオレンジジュースは糖分を多く含んでいますので、日常的に飲むというよりは、運動後や軽く動いた後にエネルギーを補給するために飲みましょう。

③無調整のトマトジュース

healthil.jp

トマトは非常に脂肪燃焼効果が高い野菜ですが、実は、トマトの缶ジュース1本で、トマト1個分のリコピンが5倍も摂取できるのです。

つまり、生のトマトを1個食べるよりも、トマトの缶ジュース1本でトマト2~3個分の栄養を補給することが出来るのです。

トマトに含まれるリコピンには生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を抑制し、脂肪の吸収を抑えて、代謝をUPする働きがあります。さらに、トマトには食物繊維も豊富に含まれていますので、腸内環境も整います。

④ノンシュガーの炭酸水

healthil.jp

炭酸水がダイエットに良いとされる理由は、「満腹感があるから」ではありません

炭酸水を飲むと、炭酸ガスが血中に入り、血中の酸素量が少なくなります。すると体は酸素を全身に届けるために血液の量を増やそうとするのです。

つまり炭酸水は、運動などによって心拍数が上昇し、血流が速くなるのと同じ効果を持っているのです。血流が速くなれば当然、代謝が上がり、痩せやすい体質になります。

炭酸水がダイエットに良いとされる理由はここにあったのです。

⑤カカオ配合率が高いココア

allabout.co.jp

ココアには、「ポリフェノール」「デオブロミン」などの成分が含まれています。これらの成分は、血管を拡張し、血行を促進して代謝を上げてくれます。代謝が上がることによって痩せやすい状態をつくってくれるのです。

カカオ配合率が高ければ高いほど「ポリフェノール」「デオブロミン」の成分量も多いので、カカオ配合率が高いものを選びましょう。

ダイエットなどを目的としている場合は、出来ればミルクや砂糖が入ったものは避け、カロリーを下げましょう。

おわりに

赤ワインもOK!!

ダイエット中や脂肪が気になるときでも、お酒は飲みたい!という方もいるでしょう。
そんなときは「赤ワイン」がおすすめです。赤ワインに含まれる天然ポリフェノール「エラグ酸」には、脂肪燃焼を促す働きがあります。

赤ワインには、脂肪を増やさないだけでなく、作らせないとする作用がありますので、どうしてもお酒の席が避けられない場合は赤ワインを飲みましょう。