男女ともに嫌われるオトコとは?

女性のみならず、男性にも嫌われる男性っていますよね。

今回は、具体的にどんな行動が男女ともに嫌われてしまうかをご紹介します。自分には関係ないと思わずに、今後、嫌われ男にならないためにも、普段から気をつけたいポイントでもあります。

①ナチュラルに人のあげ足を取る

会話中、悪気なくナチュラルにあげ足を取る男性は嫌われます。

何年も付き合っている友人や恋人であれば、「またか…」と思われつつも許されるでしょうが、ほぼ初対面の女性、男性にあげ足ばかり取っていると「嫌なやつ」と思われるでしょう。

とくに、大勢の前であげ足をとった後に、その言葉を注意したり、得意げに訂正したりする行動は最悪です。された当人だけでなく、周りの人も引いているはずです。

相手の間違いやミスに気付いても注意したりはせずに、むしろフォローするくらいの気遣いを見せた方が、男女ともに好感度がUPしますよ。

②話すことが自慢話・過去の栄光

男らしい男性を女性は好みますが、だからといって自分の「男らしい自慢」を延々と聞きたい女性はいません。

そしてその自慢話が最近のものではなく、過去のものであればあるほど「いつまで過去にすがってるんだよ…」と呆れているでしょう。自慢話というのは、自分の口から話すと価値が一気に下がります。自分以外の第三者の口から話されることで、自分の価値が上がるのです。また、本当に優秀な人間であれば周囲が勝手に話すはずです。

自慢話や過去の話は、聞かれたら答える程度にしておきましょう。

③「でもさ~」と、必ず否定から入る

「へぇ、そうなんだ」で終わればいいものの、「でもさ~」と必ず否定を入れて、自分の意見を言いたがる人、周りにいませんか?

自分の価値観や考えを否定して来るような人に対して好感を持つことなんて出来ませんよね。むしろ、多くの方は嫌悪感を持つでしょう。

あえて違うことを言おうとしているのか、それともただ空気が読めないだけなのか、相手をすぐに否定するような男性は嫌われます。

また、女性同士の会話の多くは「同意」で成り立っています。女性同士の会話の中で「そうだよね~」「だよね~」という言葉を聞いたことがありませんか?女性の会話はお互いを認め合うことによって楽しい会話が成立しています。つまり、女性は男性ほど会話を否定されることに慣れていないのです。そのため、少し否定されると過剰に反応し、否定して来た相手に不快感を示します。

たとえ冗談で突っ込むような否定をしたとしても、女性は「なんでそんなこと言われなきゃいけないの?」「余計なお世話!」と思うでしょう。

④キレやすい・舌打ちをする

沸点が低い男性は間違いなく嫌われます。

これは男性だけでなく、女性にもいえることです。ちょっとしたことですぐに怒ったり、舌打ちをしたり、キレたりする人間は、恋人ではなく友人として付き合う相手としても面倒ですよね。

また、女性的にはキレやすい男性と一緒にいたり、付き合うと、周りの人にも不快にさせてしまうかもしれないという不安があります。たとえば、食事に行った先のスタッフへの対応や、バスや電車での座り方など。公共の場で最低限のマナーがなっていない男性は一緒にいる自分も恥ずかしいから嫌!と思っている女性が大多数。

おわりに

嫌われる男性というのは、自分が嫌われている自覚がない男性がほとんどです。

嫌われていないどころか、受けいれられている!と思い込んでいることもあります。
今回ご紹介した行動、普段からとってはいませんか?

誰からも好かれる男性になるには、まずは今回ご紹介した嫌われる行動をしないこと!
人から嫌われないことが、好かれる人になるための第一歩ですよ!