まずは知ろう!腰痛の3つの原因

腰痛の原因は様々ありますが、大きく分けて3種類に大別されます。

① 内臓疾患

内臓疾患によっては腰痛が発症することもあります。内臓が疲弊すると動きが硬くなり、これにより内臓周りの筋肉も動きが鈍くなってしまうのです。
腰痛が伴う内臓疾患には、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腹部大動脈瘤などがあります。内臓疾患からの腰痛は気付きにくいので必ず受診が必要です。

② 骨の変形

正確にいうと骨が変形するから痛むのではなく、骨の変形によって背骨などに通る神経が圧迫され、他の部位で姿勢支える事で起こる筋肉炎症ともいわれています。
具体的には、椎間板ヘルニア、脊柱狭窄症、すべり症、脊柱分離症などの疾患がこれに当てはまります。

③ 筋肉の衰え

筋肉疲労、筋肉硬化、筋肉減少によって起こる腰痛です。恐らく、一般的な腰痛というのはこれが原因。

ただこれには予防・改善策として腰回りの筋力トレーニングが有効になります。

腰に痛みを感じたら…

あなたは腰に痛みを感じたらどうしますか?

病院へ行かずに、整体やマッサージなどをしてしまうと、一瞬はよくなっても再発する可能性が非常に高いです。筋トレも腰痛予防に非常に効果的ですが、間違ったやり方は確実に腰痛を悪化させます。

本来、痛みがひどい時は安静にしておくことが最善で、まずは2~3日は安静にし、急性期の痛みが治まるまで待ち、その後整形外科や内科などに行って原因を探しましょう。

腰痛は「根本的に解決させること」が痛みから逃れる唯一の方法です。そのためには、まず原因を探り、相応の予防や治療を行う事が重要なのです。

腰痛を改善する筋トレ

筋肉の衰えによる腰痛で悩んでいる人は男女問わず大勢いますが、著者もその一人でした。10代の頃から腰痛に悩まされており、様々な整形外科や整骨院などに通いましたし、一時は歩けなくなるほど腰痛が酷い時期もありました。二十歳前後なのにコルセットをつけて生活していたこともあります。
しかしある時、整形外科の先生に言われたのです。

「コルセットは一時的に腰を支えるものであって、自分の天然のコルセット(筋肉)をつけなければ、筋肉はどんどん減って、腰痛は良くなることはない」と。

それから、少しづつ運動を始めました。

腰の痛みには急性期と呼ばれる痛みが一番酷い期間があります。この期間はとにかく安静にすること。そして、急性期が過ぎると、痛みはあるものの痛みのレベルが下がる期間が訪れます。この期間もやはり安静にしたいところですが、この時期に軽い筋トレを行うのです。

腰痛持ちの方が筋トレを始めると、必ず痛みの反動がやってきます。この期間が辛いのですが、乗り越えると、体力がつき始めます。やがて腰周辺の筋力がアップすると、腰椎を支える力が向上し、腰痛がやってくる頻度が減ります。

腰の筋肉で脊柱起立背筋や多裂筋には、 背中を反らせる共働筋と体幹を屈曲させる拮抗筋があります。共働筋と拮抗筋を鍛えることによって、腰に直接負荷をかけることなく、腰の周辺を強化していくことができるのです。

共働筋と拮抗筋とは以下の通りです。

① 共働筋

・僧帽筋・広背筋・臀筋群・ハムストリングス

② 拮抗筋

・腹筋群・胸筋群・腸腰筋群

腰痛持ちの方が筋トレを始めると大なり小なり痛みのぶり返しはやってきます。この痛みを最小限に抑えなければ、腰痛の痛みを悪化させてしまう原因になる可能性もあるので注意が必要です。

おわりに

私はトレーニングのプロではないので、ここで専門的な話をするのは避けますが、結論として言いたいのは、筋肉の衰えによる腰痛は「天然のコルセット」を手にいれること。つまり「腰回りに分厚い筋肉をつけて、背骨をしっかりと支えてあげる」こと。これで大体は痛みが和らぎます。

著者も腰痛歴10年を迎え、体は今の方が衰えているはずなのに、今の方がずっと腰痛が楽です。痛みが完全になくなることはまだありませんが、痛みの度合いと痛みがやってくる頻度は圧倒的に減りました。

天然のコルセットを手にいれ、年齢を重ねても痛みに負けない身体を手に入れましょう!