できるだけラクしてボディメイキングしたい!

筋トレをしたいけれども、わざわざジムまで出かけて着替え、トレーニングをして帰るのが面倒だと感じる人は、意外と多いのではないでしょうか。

自宅でもトレーニングはできますが、重量のあるダンベルやマシンがないと、あまり筋肉はつかないと思っている人もいます。しかし加圧トレーニングなら、こういった悩みから解放してくれるかもしれません。

最先端の科学的トレーニング法

加圧トレーニングは、テレビや雑誌などに取り上げられるようになった新しいトレーニング方法です。腕や脚にベルトを巻き、キツく縛ることで血流を止めながらトレーニングを行います。

www.v2hub.co.uk

加圧トレーニングと従来のトレーニング法との違いは、以下の2点です。

1つ目は、負荷が軽く短時間でトレーニングが終わる点。
2つ目は、大量の成長ホルモンの分泌が期待できる点。

これらの2点は他のトレーニングにはない大きな特徴と言えるでしょう。
負荷を低くすると、筋トレの効果が出ないのではないかと心配になる人もいるかもしれません。

しかし、低負荷で加圧トレーニングをするとトレーニングした部位に乳酸が蓄積されることから、通常のトレーニングと同等の効果を期待することができます。トレーニング時間も腕なら最大で10分、足なら最大でも20分と非常に短時間です。

また一時的に血流を止めることから、筋肉で蓄積された乳酸が一気にトレーニング後に放出されます。この乳酸が、成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンの分泌量は、なんと通常時の約290倍もあるとされています。

成長ホルモンは別名「若返りホルモン」とも呼ばれ、体の組織の修復や血管の再生、肌の回復などに関わる重要なホルモンです。加圧トレーニングが注目を集めている理由は、わずか10~20分程度のトレーニングで成長ホルモンが大量に分泌される点にあるのです。

有名女優やモデルも愛好者多数。ボディビルダーも

www.revistaoferro.com.br

モデルや女優、歌手といったルックスに気を使う職業についている人を中心に、加圧トレーニングが行われているのです。

歌手の浜崎あゆみさんやモデルの菜々緒さん、女優の藤原紀香さんなどが加圧トレーニングの愛好者として知られています。藤原紀香さんはすでに40歳を超えていますが、まだ30代としか思えないほどの若い見た目を維持しています。

こういったことからも、加圧トレーニングはアンチエイジングにとても効果的だという事が窺えます。

特に歳をとったことを実感し始めるのは20代後半~30代前半、お腹の肉のたるみなどが気になってくる男性もいるでしょう。加圧トレーニングでは、大量に分泌される成長ホルモンによって脂肪が燃焼されてそれらの解消につながるばかりか、血行促進によって肌のツヤも出てきます。身体機能のピークが過ぎた20代後半以上の男性にはピッタリのトレーニング法が加圧トレーニングなのです。

加圧トレーニングの開発者である佐藤氏は、東京大学大学院と共同研究を行なっており、加圧トレーニングの効果を実証する研究論文も数多く出ています。つまり加圧トレーニングは、科学的な根拠のあるトレーニングであり、その安全性も証明されています。

加圧トレーニングが劇的な効果をもたらす仕組み

加圧トレーニングを行うと血流が止まるため、大丈夫なのかと危惧する人もいますが、手順やルールさえきちんと守って実践すれば全く問題ありません。トレーニング時の毛細血管の破壊による内出血は起きますが、すぐに消えていきます。

また重いダンベルを持ち上げたり、重量のあるベンチプレスなどを行わない限り、筋肉は大きくならないのではないかと心配する人もいます。通常の筋トレは速筋を太くするために行いますが、加圧トレーニングのように筋肉を低酸素状態にしてトレーニングをすると、遅筋への効果も期待できます。そのため筋肥大も十分可能なのです。

どうしても大きな筋肉をつけたい人は、通常の筋トレと加圧トレーニングを併用すると良いでしょう。有名な格闘家である角田信朗や小比類巻貴之も、加圧トレーニングを日頃のワークアウトに取り入れています。

プロスポーツ選手も加圧トレーニングを採用していることから、その効果は実証済みとも言えるのです。

加圧トレーニングの注意点やデメリットについて

メリットの多い加圧トレーニングですが、実はデメリットもあります。まず一つ目が専用ウエアを用意しないといけない点にあります。加圧トレーニングを開発した「カーツウェア」を着るのであれば、上下セットで約4万円かかります。

また圧を自動調整できる「加圧マスター」になると約100万円と非常に高額です。今は加圧トレーニングの特許が切れたこともあり、安価な類似品が市販されるようになってきていますが、本家のウエアや器具を使用するのであればかなりの投資額が必要となります。

http://www.kaatsu-global.com/kaatsu-equipment/

加圧トレーニングのもう一つの難点は、加圧して体を追い込む時の辛さにあります。圧を弱めに設定すればたいしてキツくありませんが、加圧をすると負荷は軽くても普通の筋トレと同じくらいの苦痛を感じます。脚の加圧は楽なのですが、特に腕の加圧で辛いと感じる人が多いようです。

以前は加圧を行う前にトレーナーの指導を受けるのが必須でしたが、今では加圧用のウェアさえ持っていれば、自分一人でトレーニングを始められるようになっています。

ですが、あまりに長い時間加圧すると、血栓や痺れが発生するリスクが高まるので使用時には注意をが必要です。

これから加圧トレーニングを始めたいと思っている人のために

これから加圧トレーニングを始めたいと思っている人はまず加圧トレーニングの体験を実施しているジムやスポーツクラブに行くことをオススメします。

加圧トレーニングは即効性のあるものではないので、最低でも1ヶ月は継続して行う必要がありますので、体験してみて継続できそうだなと感じたら、加圧ウェアや器具の購入を検討すると良いでしょう。

おわりに

意外にも加圧トレーニングは日本で開発されたトレーニング法であるため、まだ海外で行っている人は少ないようです。

ですが、加圧トレーニング協会はJAXA(宇宙航空研究開発機構)や東京大学といった機関と協力して研究を行うとともに、海外への普及も積極的に行っていますので、海外の女優・セレブや筋トレマニアの間で加圧トレーニングが流行する日も近いかもしれませんね!