「婚活」という言葉が世の中に浸透して早、十数年。

筆者はアラフォーですが、20代後半の時に、友人から「婚活って言葉知ってる?」と聞かれたことを今でも鮮明に覚えています。当然、その時、私は「婚活」という言葉を知らず、かなりインパクトあるなぁ、と印象に残りました。就職活動を意味する、「就活」はすでに認知されていましたが、まさか、結婚するための活動を「婚活」と呼ぶようになるとは・・・。

現代で結婚するためにもしっかりとした「活動」が求められてきているのです。

20代半ばまでとはちょっと違うアラサーの「結婚」

理想を言えば、「好きになった相手と結婚したい」、それが誰もが思うヒトの心理です。
また、昔はお見合い結婚というものが主流ではあったとしても、それこそ猫も杓子も誰もが結婚することができました。

極論になりますが、私の周りを見渡してみると、20代前半から半ばで結婚した人たちはほとんどが「恋愛結婚」です。無論、最初から結婚を意識してお付き合いを始めたのではなく、恋愛の先に「結婚」というものがありました。付き合いが長くなり、自然と結婚を意識し始めたというのが流れでしょう。

しかしながら、アラサーになってくると、まず周りの女性陣が「結婚」を意識した恋愛を始めるようになります。彼女たちは、男性を見る際には「結婚相手」としてふさわしいか、自分を幸せにしれくれるかをシビアに見ていきます。

そして、それは、もしかしたらアラサー男性も同じなのかも知れません。若いときには、「かわいい」「美人」「スタイルがいい」など、外見的な要素で女性と付き合っていたような男性もアラサーになってくると、これからの人生を一緒に歩んでいけるのか、自分にとってメリットがあるのかなど、純粋に恋愛を楽しむだけではない、将来を見据えた女性を選ぶようになってきます。

アラサー婚活では、こうした下心をちょっと隠しつつ、男女の婚活攻防戦が繰り広げられます。

アラサー男性は、「婚活しています」とは言わない

男性は、一般的に恋愛や結婚観について女性ほどオープンに語ることはありません。特に心の底から結婚をしたい、婚活をしているアラサー男性ほど隠す傾向にあります。「おれ、婚活しているからいい人がいたら紹介して」と、いうセリフはあまり聞きませんよね。逆に女性はその点は、はっきりしています。「婚活」という言葉に対して抵抗がないように思えます。

婚活中の女性からするとアラサー婚活男子は市場にいるにも関わらず、見つけにくい状態にあると思います。筆者からの提案は、本気で結婚を考えているのならば、むしろ「婚活している」と周りに公言するべきだということです。言わないことで、どんどん婚期を逃しているといっても過言ではありません。

女性ばかりが、「若いほうがいい」なんて言われているようですが、正直なところ、男性だって若いに越したことはありません。「結婚する」という点では。もちろん、年齢を重ねることで、男性自身のスペック(年収、地位、経験値など)が上がっていくことも事実ではありますが、もしも、スペックが上がらない場合には、ただただ婚活市場においては不利になるばかりです。男性だからといっていつまでも年下の女性と結婚できると考えるのは甘いと言わざるを得ません。

おわりに

筆者は、今までいろんな男性と合コンをしたり、デートをしたりしてきました。

一緒にいて楽しい人、ずっと付き合っていきたい人もいれば、苦手な人、二度と会いたくない!と思うような男性までいろいろ見てきました。そんな経験を知っている周りの男女からは、自然と恋愛や「婚活」に関しての悩みを相談されることが多数あります。

そこで思ったのは、「こじらせる前に行動すること」が大切だということ。

もしも、アラサー男性であれば、例えば女性に慣れていないことであっても、まだ改善の余地も時間もあります。しかしながら、40才を超えた男性が、「どうやって女性と付き合えば良いのかわからない」というのでは、ちょっとこじらせすぎて、正直、「うーん・・・今更、変われるの?」と思ってしまいます。

なので、「こじらせ婚活男性」になってしまう前に、計画的に「婚活」を始めてみることをおススメしますよ!