既婚者は恋愛対象外、モテてもしょうがない。そんな声も聞こえてきそうですが、実際のところはどうでしょう?既婚でも独身でも、モテる人はモテます。

しかも、既婚男性には、独身男性にはない特別なモテ要素があります。かと言って、既婚者だからと誰しもモテる訳でもありませんが…

モテる既婚男性の魅力、特有のアピールポイントを6つ解説します。

①気持ちに余裕がある

年長者として経験を積んできている自負、パートナーや家庭を持ち、帰る場所があるという安心感などからか、既婚男性には心や態度に余裕があります。

仕事を上手くこなす男性は男女関係なく誰からも尊敬されるし、そこに結婚・育児など人生の経験値が加わったら、男としての魅力が増ことはあれ、減ることはありません。心や態度に余裕のないケチな独身男性と違い、懐が広く守るべきものを抱えている既婚男性の男らしさにときめかない女性はいません。

②清潔感がある

ワイシャツがアイロンがけされていない、黄ばんでいる、ハンカチを持たない、スーツのシワが目立つ、天気が悪いと衣類が臭ってくるなどなど、身に覚えがありますか?不潔な男性に女性は距離を置いてしまうもの。モテに清潔感は重要ポイントで、第一印象でもとても大事であることは周知の事実です。

既婚男性は、整った衣類から柔軟剤が嫌味なくほんのりと香ったりと清潔感が漂います。ファッションに無頓着な夫であっても、妻のセンスでイケてる旦那が創造されています。清潔感の中にある大人の色気とも相まって、既婚男性の魅力になっているのです。

③包容力がある

家族を養っていること、守るべき者がいることで自然と身につく包容力。妻や子どもに与えている安心感であったり優しさであったり充実したスキンシップは男性本来の父性を際立たせます。父親なら誰でも包容力がある訳じゃないのも大きなポイントかもしれません。

生まれながらに父性の高い男性は、忍耐力があり洞察力にも優れ決断力があります。職場でも、簡単に部下を見捨てないし、怒鳴らずに丁寧に辛抱強く指導するでしょう。女性のみならず男性にも頼られる存在で慕われるのです。同性にも異性にもモテる魅力の1つが父性と言う名の元の包容力に間違いありません。

④気配りができる

独身男性のように自分のことだけを考えていられないのが既婚男性です。妻の機嫌の良し悪しや、子どもの成長を身近に気を配っているから、些細な変化によく気がつきます。そのスキルは家庭の外でも知らず知らず生かされます。

例えば、飲み会で相手のグラスが空なのをいち早く気がつき工面したり、客先への挨拶周りもマメであったりします。また、具合の悪そうな部下に声をさりげなくかけたり、残業が続けば差し入れをしたりと自然と気配りができるのです。家でも職場でも気遣いに長ける男性はモテて当然ですよね。

⑤行動力がある

いざという時、すぐに動ける男性は決断力に優れ、男らしさをもアピールできます。常日頃から家庭でも動いていることでしょう。

子どもをトイレに連れて行くなどの子どもの世話から始まり、時には忙しい妻に代わって掃除や食事の用意など、生活スキルは必然と高くなります。

面倒なことも躊躇なくこなしていることで行動力・機動力ともに差が出てくるのですね。それが頼もしく見えてモテにつながります。

⑥意外性・ギャップがいい

女性は、“意外性”に弱い生き物です。例えば、男らしい男性が料理を可愛らしく盛りつけたり、猛々しい男性が小動物を可愛がる姿であったり、意外性やギャップを見つけた時、相手を見る目はニュートラルな状態から好意に変わることが多々あります。

既婚者であるということは、家庭の顔と仕事の顔があるということ。そこにギャップが生まれます。どちらかの顔しか知らない場合、違う面を垣間見た時は意外に感じるでしょう。相手に興味を持った瞬間、職場と家庭でのギャップはモテ要素になるのですね。

一線を越えてはいけない存在だからこそ…

既婚男性に異性としての好意を抱く行為は、ロミオとジュリエット的な要素が少なからずあります。包容力や繊細な面を兼ね揃える既婚男性に優しくされたり、気にかけてもらえるとつい意識してしまいますが、越えられない壁があるのも事実。

そのタブーが既婚者の魅力を倍増させるのです。既婚男性であると言うタブーがモテ要素に繋がっているのは否めません。日々側にいて身近に感じるのに、自分のモノにならないデキる男性はとても魅力的な禁断の相手なのです。

まとめ

モテる既婚男性の特徴を述べてきましたが、実のところ独身でも得られる魅力であると思いませんか?こなれた既婚男性には叶わないかもしれませんが、余裕も清潔感も気配りも行動力も自分の努力次第で身に付けられるものです。ぜひ独身男性は既婚男性に負けないくらい魅力的になってくださいね。

そして、現にモテている既婚者男性の皆さんは、道を踏み外すことなく家族を大切にしてくださいね。家族を不幸にする男性に魅力などある訳もないことをイイ女は知っていますから。