40代の男性というと、いいおじさんです。それでもかっこいい!と女性からモテる男性、周囲にいますよね。なぜでしょう。モテる40代男性には共通点があります。
モテる人は、20代の女性でもキュンとなってしまう特徴があるのです。

誰に対しても同じように気遣いができる

女性に対してはもちろんのこと、男性に対しても、同じように接することができる男性は、大人の魅力を醸し出します。人を敬っている感じがあって、寛大なイメージを持ちます。このような気遣いは、若い男性にはないもので、ある程度人生経験を踏まないとできません。

若い男性はそれなりに若いからと許される部分はあります。ただ、人に対しての接し方は人生の年輪にはかないません。気遣いというのは、相手を思いやる気持ちがなければできないことなので、ある程度気持ちや物質的にも余裕がないと生まれてこない心遣いです。

清潔感がある

年齢とともに、男性も体の変化が訪れます。耳の後ろから出る加齢臭、皮膚の老化現象によるシワやシミなど、体の変化に悩むのは女性だけではありません。それでも身なりをきちんとして、清潔なものを身に着けているだけでも、素敵なおじさまに見えます。

よれよれのジャケットは着ている40代の男性を「あの人、かっこいい!」と思えますか?いつもスーツが素敵とは限りませんが、40代男性でも清潔感のある服装を心掛けている人はモテています。

ハンカチを持っている

清潔なハンカチを身だしなみとして持っている人は、大人のマナーができている人に見えます。女性が少し食べ物をこぼした、目にゴミが入って涙が出たというときなどに、そっと「よかったら」と差し出してくれるのが、きちんとアイロンがかかっている清潔なハンカチだったら…考えただけで女性はもうキュンとなってしまいます。

もちろん洗面所で手を洗って使ったあとのハンカチでも、「手を拭いた後だけど」と差し出してくれたら、その労りにキュン♪女性はハンカチひとつでキュンなってしまうのです。

よく話を聞いてくれる

話を聞いてくれる人は、男性でも女性でもモテます。人生経験豊富な男性なら、大抵の話を理解はできますから、ただの愚痴でも寛大に聞いてくれます。女性が大人の男性に求めるのは、愚痴でも何の話でも聞いてくれる寛大さ。いつもカリカリしている40代男性と、寛大でいつでも話を聞いてくれる40代男性。どちらがモテるかは一目瞭然です。

寛大さと包容力は紙一重かもしれません。Weblioによると、「寛大な心」とは「大抵のことは笑って受け入れる寛容な精神」とあります。また「包容力」とは、他人の進行や習慣を認め、尊重する意欲」とあり、類義語で「寛大」としています。どんな話でも、女性を尊重して笑って話を聞いてくれる40代男性は、周囲が放っておかないでしょう。

危機のとき、守ってくれる人

芸能人の山口智子さんのご主人は、同じく芸能人の唐沢寿明です。自宅マンションのインターホン越しに「〇〇プロダクションからお届け物です」と宅配便が来たため、山口智子がドアを開けた瞬間、宅配便の作業着の男たちが山口智子を羽交い絞めにしようとしたところ、当時交際していて家にいた唐沢寿明が助けてくれたとのこと。(参考:日刊ゲンダイ)

この事件がきっかけとなり、結婚に至ったといわれています。危険が迫った時に助けてくれる人は、女性にとって頼りになる存在です。

おわりに

これがモテる40代男性の特徴です。寛大で、聞き上手、見た目も清潔感がありいざというとき守ってくれる・・・そんな大人の男性に女性はキュンキュンくるのです。一般的にモテる条件ですので、まだ若い男性はぜひ参考にしてみてください。そう、清潔なハンカチも忘れずに!