飲み物で口臭予防が出来る?

もちろん、どんな飲み物でも良いわけではなく、口臭の原因によっても完全に臭いを抑える事はできません。飲み物で口臭予防が出来るのは、口臭の原因が「口内」にある場合です。口内にはあらゆる細菌が生息しており、食べカスや粘膜細胞を分解するときに、硫化水素やジメチルサルファイドなどの臭い成分を発生させ、結果これが口臭の原因となるのです。飲み物が口臭予防に効果的な理由は大きく2つあります。

① 唾液の分泌を促すから

唾液には細菌の繁殖を抑制し、口内を清潔に保つ働きを持っています。しかし、体の中の水分が不足したり、緊張や不安などのストレスを感じると、校内の唾液は減少し、口の中がカラカラに乾きます。すると、口内の細菌は増殖しやすい状態となり、唾液が出来ないことで口臭が発生してしまうのです。

② 汚れや食べかすを洗い流すから

飲み物を飲んでいるとき、同時に口内の汚れを洗い流しています。
これが、口臭の原因ともなる食べかすなどを間接的に取り除いているのです。
もちろん、飲み物だけでは口内の掃除として不十分ですので、必ず歯磨きや歯間ブラシなどで口内をキレイに保ちましょう。

口臭予防に効果的な飲み物

では、口臭に効果的な飲み物とは何があるのでしょうか?
ここでは、口臭に効果のあるものの中でもとくに身近な飲み物をご紹介します。

① 緑茶

お茶には、「カテキンやフラボノイド」という殺菌作用もつ成分が含まれています。
この殺菌作用により、口内の細菌繁殖も抑え、口臭対策となります。
普段飲む飲み物を緑茶にすることはもちろん、食後の一杯に飲むものを緑茶にするのも良いでしょう。ただし、お茶をたくさん飲むのはおすすめしません。お茶にはコーヒーと同じ利尿作用をもつ「カフェイン」が含まれており、水分補給をしても必要以上に体の水分を奪ってしまう可能性があります。身体の水分が減ると唾液の量も減ってしまい口臭の原因となってしまいますので、飲む量はほどほどに。

② 牛乳

とくに、にんにくやにらなどの臭い成分を食べた後に効果的な飲み物が牛乳です。
牛乳は、にんにくやニラなどに含まれている「アリイン」という臭い成分を、牛乳のまくで包み込むという作用があるからです。
食後ではなく、食前に牛乳を飲むとより口臭効果が高いですよ。

口を臭くする飲み物

口臭予防に効果的な飲み物がある一方、口臭を促す飲み物もあるのをご存知でしょうか?
ここでは、口臭を促す飲み物の中でもとくに身近な飲み物をご紹介します。

① コーヒー

コーヒーを飲んだ後、コーヒー豆の粒子が舌の表面に付着することで、コーヒー独特の臭いを放ちます。また、上記でも述べましたが、コーヒーに含まれるカフェインには体内の水分を奪って唾液の分泌を減少させるてしまうので、これが口臭の原因にもなります。

② フルーツジュース

一見すると、フルーティーな味が口の中の臭いをカバーしてくれそうな雰囲気はありますが、フルーツジュースには非常に多くの糖分が含まれています。この糖分が、口内細菌の大好物ですので、口臭対策にはおすすめできません。

③お酒類

口臭を強くする飲み物といえば「お酒」を忘れてはいけません。お酒は、肝臓や胃への負担も大きいの、ただ単に口内から臭いを発生するのではなく、内臓から口臭がきつくなってしまう可能性もあります。お酒をたくさん飲んでしまった日は、たくさん水分を摂って、内臓に分解しきれていないアルコール分の代謝を促しましょう。

おわりに

また、当然ですが、飲み物による口臭対策は一時しのぎなものですの、口臭が強い根本的な原因は解決できません。人よりも口臭が強いと感じる場合、生活習慣が大きく関係していますので、根本から改善する場合は自分の生活習慣を見直さなければなりません。

一番簡単な口対策は、水分補給をこまめにすることですので、喉が渇いたなと思う前に水を飲みましょう!