【PR】

誰もが羨むような細マッチョボディ。

スポーツ選手ではクリスチャーノ・ロナウドやセルヒオ・ラモスなどがその持ち主として有名ですよね。

www.oricon.co.jp

一流のプロ選手とまではいかないまでも、それに限りなく近い体型を手に入れたいという思いは誰しもが抱く思いかもしれません。

事実、マッチアラーム社のアンケート調査でも男女共に約80%がスリム体型を選ぶという結果が出ています。

・「自己管理ができていて、精神的に強そうだから」(女性/20代後半/兵庫県)
・「ファッションも様になるから」(女性/30代前半/広島県)
・「自分も痩せなければって励みになるから」(女性/20代半ば/福岡県)
・「マッチョがすきー!」(女性/20代半ば/岡山県)

つまり細マッチョボディになることはモテテクとして非常に重要なファクターなのです。

どうすれば最速で細マッチョ体型になれる?

誰もが憧れるそんな細マッチョ体型に簡単になる方法があるのですが、その方法は意外と知られていません。

プロテイン飲んでひたすらウェイトトレーニングするのみ??

いやいやそんなのはもう古いですよ!もっとラクに効率的にやる方法があるんです!

インナーマッスルとアウターマッスルの違いをおさらい

モテボディを最短で作り上げるためのトレーニングとして、まず最初に覚えておいてほしいワードがアウターマッスルとインナーマッスル。

アウターマッスルは表層筋とのことでからだの表面近くにある筋肉。
大胸筋や三角筋、大腿四頭筋などが代表的、むきむきの腹筋などもアウターマッスルです。このアウターマッスルを鍛えることで一般的にいう“マッチョ”な体型に。

それに対してインナーマッスルは深層筋のことでからだの奥深くにある筋肉。
文字通り見た目には全く見えない筋肉群ですが、インナーマッスルを鍛えることで外側にある身体の組織をしっかりと内側に引き付けて引き締めることができるんです。なので、これを適度にやる事でモテボディの典型である『細マッチョ』体型に。

つまりモテボディである『細マッチョ』体型を最短で作り上げるにはインナーマッスルを適度に鍛える事が効果的なのです。

ダイエットの効率を格段にあげる“栄養素”は何を選ぶべき??

一般的には肉や大豆などタンパク質を多く含む食事やプロテインなどが知られていますが、ダイエット効率を上げようとして、それらをむやみに摂取することが必ずしも効率的とは言えません。

なぜなら人間のカラダが吸収できるタンパク質の量は限られているから。

逆にそれらの過剰摂取はからだに様々な悪影響を与えてしまいます。大量にからだにはいってくるタンパク質を消化吸収するためだけに腎臓や肝臓がフル稼働することになり、結果、体が筋肉をつくっていく動きを妨げてしまうのです。

トレーニング効果を最大化することができる成分『HMB』って?

タンパク質の中にあるアミノ酸のうち、なかでも『ロイシン』という成分が一番効果をあげるのですが、その『ロイシン』からできる代謝物質が『HMB』という成分。つまりロイシンはHMBに変化をしないと効果を発揮できないのです。

えっ?じゃあそのHMBだけを効率よく摂ればいいの?

その通りです。HMBをうまく活用する事で超効率的なトレーニングが可能になるのです。

HMBサプリメントは全世界的にすこしずつその知名度が上がって来ていて、日本でもいくつかの会社から発売されているようですが、Men’s Curebo編集部がおススメするサプリがコレ。

このHMBアルティメイトスーパーボディメイク、1回分4錠に含まれるHMBの量をプロテインで換算するとなんと20杯分!プロテインならそんな量飲めないし、飲めたとしても費用やカロリーがばかになりませんよね。

その点、HMBアルティメイトスーパーボディメイクは心配全くが不要。
一回分が4キロカロリー、費用的にも一回分が265円程度とこちらも超効率的♡
この価格で体に全く負荷をかけずに(“内臓にとって”という意味ですよ!トレーニングとして体への負荷は必要です。笑)確実にモテボディを手に入れられるのだったら安いと思いませんか?

◆編集後記

ちなみに弊社編集部スタッフ試した結果がこれ。

たった3週間でこの結果、これってヤバくないですか??(・:゚д゚:・)

人により若干の差はあるようですが、モニター調査でも89.5%の方が満足しているとのことなので、結果が出る可能性はかなり高いという事ですよね!

どちらにしても、いまこのHMBアルティメイトスーパーボディメイクはキャンペーン期間中の様で、(在庫が無くなり次第終了の様です。)新規の方は初回送料分500円のみで始められるので、少しでも気になったら試してみる事をおススメしますよ!