常に注目を浴びたいと思っている女性

注目を浴びたい!モテたい!と常に思っている女性は、浮気しやすい傾向にあります。いわゆる「かまってちゃん」とも呼ばれ、自己顕示欲の高い女性です。

付き合っている彼がいても、自分の定める「良い男」のランクが高い男性に言い寄られると、ころっとそちらの男性に向いてしまうことも…。

自己顕示欲の高い女性の浮気心を防止するためには、甘やかすだけではダメです。かまってちゃんは甘やかされることを望んでいる一方で、それだけではない男性を求めています。

浮気心を抱かせないためには、彼女から「この人だけは違う」と思わせることが大切なポイントです。

押しに弱い女性

不倫や浮気が悪い事だとわかっていても、男性から言い寄られてしまうと、その場の勢いに流されてしまう女性は少なくありません。

そこで押しに負けてしまう女性と、踏ん張れる女性の違いは、「不安」の大きさにあります。相手の気持ちに自信が持てず、不安が大きいと、「彼が悲しむからダメだ!」とすぐに直結せず、「彼は悲しむのかな?」と自問してしまいます。

自問せずに、すぐに「ダメだ!」と思えるのは、彼が自分を好きだと、愛されていると思っているからです。すぐにそう思えないのは、相手の気持ちに不安があるからです。

付き合っている女性が押しに弱いとわかっている場合、不安を抱かせないように行動だけでなく言葉で気持ちを伝えてあげましょう

愛に貪欲な女性

愛に貪欲な女性は、常にたくさんの愛情をくれる男性を求めています。

今付き合っている男性がいたとしても、その男性よりももっとたくさんの愛情をくれる人が現れた場合、簡単に乗りかえてしまうことも…。

愛に貪欲な女性と付き合う場合、「たくさんの愛情を注いでくれる人」になることが重要なのではありません。そうなってしまった場合、それ以上愛情を注いでくれる人が現れると、その称号は消えるから無意味なのです。

他の男性に目移りさせないためには、彼女から「この人の愛情が欲しい」と思わせる人になることが重要なのです。

自己愛が強い女性

自己愛が強い女性は、ネガティブなことがあると、自分を省みることなく、すぐに人のせいにする傾向があります。何かがあるとすぐ相手のせいにして、自分には何の責任もないと考えていたり、好きなものは好きなんだから仕方ないと考えていることが多いようです。

だからこそ自分が浮気するときも、「浮気させる相手が悪い!」とし、罪悪感よりも被害意識を抱えて悪気なく浮気をするタイプかもしれません。浮気がバレたとしても、自分が謝ることなく、真っ先に相手を責めるタイプが多いので、自己愛が強い女性に浮気を責めても意味がありません。

自己愛が強い女性の心を解くのはとても難しいです。自己愛が強いのは悪いことではありませんが、限度があります。あまりにも行き過ぎている場合はなにか必ず理由があるはずです。どうしてそういうふうな思考になってしまうのか、まずは自己愛が強くなってしまった理由を探しましょう。

おわりに

彼女自身が浮気するタイプでなくても油断してはいけません。

彼女の周りの環境が「浮気心」に溢れているいる場合、「みんなもやってるから…」と、本来の倫理観が麻痺してしまう女性もいます。

周りに流されてしまわないようにするためには、「浮気がダメなこと」を再確認するのではなく、「相手を愛していること」をお互いに再確認する回数を増やすことが大切です。

好きだから、愛しているから付き合ってるんだ!結婚したんだ!という言い訳は、通用しません。感情は生ものですので、毎時間、毎日変わってしまって当然なのです。

だからこそ、愛情をはっきりと表現する・伝えること!これを大切にしましょうね!