「イケメン=モテる」神話の崩壊

もうイケメンだからモテるという時代は終わりました。
近年、とくにその傾向が強くなっていて、これは芸能界にも同じことが起きています。

男性のみなさんもテレビを見て、思ったことはありませんか?自分のルックスと大して変わらない地味顔の男性が、女性から高い支持を受けている状況を!もっと端正なルックスで長身の男性はたくさんいるのに、背も高くないし、顔も地味だし、なんでこいつがモテるわけ!?と、思わずにはいられない状況が、現にあらゆる場所で起きているのです。

それは、女性の「見方」が変わっているから!

近年の女性は、男性のルックスよりも、その人の内面や持っている才能などを重視するようになってきているのです。ですからルックスが並でも、内面から溢れる魅力が、並のルックスの価値を上げ、同性から見ればたいしたことのない顔面偏差値の男でも「カッコいい!!」ともてはやされるのです。

そこで今回は、モテる男に共通するものの考え方をご紹介します。

①失敗を忘れようとせず「糧」に出来る

イケメンでフツめんでも、大小差はあるものの、何らかの失敗経験を過去に味わっているはずです。
モテる男性はこの失敗経験を忘れようとしません。むしろ、なぜ失敗したのかを考え、振り返り、そこから次の一手を学びます。

一方、モテない男性はこの失敗経験を忘れようとします。思い出したくないとでもいうように、なかったことにして、心の奥底に沈めます。失敗は反省しなければ、その本当の理由が明確になりません。理由がわかっていなければ、きっとまた同じことを繰り返してしまうでしょう。自分の失敗を認めるのは一瞬の恥です。しかし、自分の失敗を認めず、次もまた同じことを繰り返してしまうのは一生の恥です。

この失敗を糧に出来るか、それともなかったことにするのかで、その後大きな差が生まれるでしょう。

②誰に対しても素直な姿勢

モテる男性は、ものごとを自分の都合の良いように捻じ曲げず、素直に受け止めます。
だからこそ、自分が悪いと思ったらすぐに謝ることが出来るし、また、相手を許すことも出来ます。まっすぐな心を持った男性は、同性から見ても嫌味がなく、清々しいですよね。ここで大切なポイントは「誰に対しても」という点です。

美しい女性や、自分の気になっている女性だけでなく、同性はもちろん、おじいちゃんやおばちゃん、老若男女問わず、姿勢を変えないことが重要です。

逆に女性から最も嫌われる男性は、言い訳をしたり、屁理屈を言って自分を守ろうとしたり、人によって態度を変える男性です。

③色んなことを中途半端に終わらせない

何か一つのことに集中して取り組む男性は魅力的です。

たくさんのことを出来る必要はありません。何か一つでいいので、しっかりと最後までやり遂げられるかどうか、女性は見ています。

反対に、モテない男性というのは、色んなことに手を出してはみるけど、どれも中途半端に終わっている男性です。自分が自信を持って「これをやってきた!」と堂々と言えるものがあると、女性へのアプローチの際も大きな強みになるはずですよ。

④相手の良い面をたくさん見つける事ができる

モテる男性は褒め上手です。ただし、ただ褒めればいいというわけではありませんよ。
「○○ちゃんって、本当に可愛いね」なんて、中身のない褒め方をして喜ぶのは10代までです。

相手の女性と話していて、ここがいいなぁと思ったところをピンポイントで褒めることが重要です。たとえば、髪の毛の綺麗な女性であれば、「○○さんって髪の毛綺麗だよね。細かいところもきちんと手入れしてて、しっかりしてるんだね」などのように、外見から内面につなげることがポイントです。外見と内面をセットで褒められて嬉しくない女性はいませんよ。

おわりに

今回ご紹介したような考え方に、今すぐ変えるべきとまでは言いませんが、考え方を広げると今よりももっと違う景色を見れたり、身近な人の違う面を引き出すことができるということです。

今よりももっと考え方を広げて、内面イケメンになりませんか?