お酒が弱い男性の方がモテる!?

お酒が飲めない男性はモテないと思われがちですが、そうでもありません。

飲み会の場でも、お酒を飲んでいないからこそ、出来ることがたくさんあります。それを上手く行動出来るか出来ないかが、モテor非モテの分かれ目なのです。

そこで今回は、お酒が飲めない男性だからこそ出来るモテる行動ご紹介します。

①お酒が飲めない女性を守る

女性の中にもお酒が強い女性もいれば弱い女性もいます。しかし、飲み会の場だと周りにお酒を薦められることもあり、それを上手く断ることが出来ない人もいます。周りの人たちもアルコールが入っていますので、周りを気遣い余裕も少なくなっています。

しかし、お酒を飲んでいなければ、周りを気遣う余裕もありますし、すぐに助けに入ってあげることもできます。お酒が飲めない女性や、飲みたくなさそうにしている女性がいたら、さりげなく、ウーロン茶などと交換してあげたり、断ってあげたりして、女性を守ってあげるとポイントがUPするはずですよ。

②健康・堅実をアピールする

今の時代であれば、お酒が飲めない、または飲まないことはむしろ好印象です。
お酒代がかからない分お金もかかりませんし、付き合い以外で飲み会に行くことも少ないはずですので、一緒の時間を多く過ごせることは女性にとっては嬉しいことです。

また、お酒を飲まないことは健康にも体型にも良いことです。アルコールは糖質が高く、毎日アルコールを摂取している人としていない人とでは体型の変化にも差があるでしょう。
このようん、お酒を飲めないことを逆手に取ることで、健康と堅実をアピールすることは意外と女性にとってはポイントが高いんです。

③酔った男友達のフォローをする

損な役回りを引き受ける男性は女性にとっては魅力的に映ります。
飲み会で酔っぱらった女性だけでなく、男友だちも見捨てずに介抱してあげているところを、どんなに女性は酔っていてもしっかりと見ています。女性だけでなく、同性への態度も同じように優しく思いやりをもって接すると、周りの人を大切にする誠実な人という好印象を持たれるはずですよ。
酔っぱらった人たちの面倒を見ることを使命だと思うようにすることで、飲み会で自分が飲めなくても、自分にも周りもにも気を遣わずに参加することが出来ますよ。

④別れ際は誠実な態度で見送る

飲み会で大切なことは最後です。女性と別れるまでが終わりですので、最後にきちんと駅やタクシーの前まで送っていってあげることが大切です。
間違っても一回目の飲み会でどうにかなりたいとは思わないことです。
お持ち帰りされるかもしれないと警戒している女性を裏切る誠実な対応を最後にすることが最高のアプローチ方法なのです。
「えっ…本当に送ってくれるだけだったんだ」と、女性に思わせることが出来れば勝ちです。その後、女性の頭の中はあなたのことでいっぱいになるでしょう。そこで、後に女性とまめに連絡できるようになれば、恋人になるまでに時間はかからないでしょう。
下心も恋心もあっても、一度目の出会いでは絶対にガツガツしないように注意しましょう。

おわりに

飲み会の場で、お酒が飲めないことをネガティブに考える必要はありません。
飲めないからこそ、冷静な判断ができますし、色々なところに目が行き届きます。

上記でも述べましたが、男性と違って女性の場合は、どんなに寄っていても周りを見ていますし、男性の行動や言動をしっかりと覚えています。誰も見ていないから…と思わずに、きっと誰かがみていてくれていると思って、お酒が飲めないなりの自分の役割をしっかりと全うすることが、モテるコツなのです。