セックス経験女性の約6割が「イッたことがない…」

セックスでイケない女性の悩みは根深く、様々な解決策を実行しても、なかなかオーガズムを感じることが出来ていない女性が大半だとか…。

セックスで自分はイケたのに、イケていない相手を見ると、自分のテクニック不足かと反省し、落ち込んでしまう男性もいるでしょう。しかし、男性のテクニックではどうにもならないこともあります。

しかし、男性が協力することで、女性がオーガズムを得ることが出来ることもあります!

そこで、まずは女性がオーガズムを感じるために、彼女がどのタイプであるかを確認してみてください。オーガズムを得られない女性には3つのタイプがあります。それが以下の3タイプです。

①イク感覚が分からない
女性器への刺激が快感になっていない状態です。

②自慰行為ではイケるけどSEXではイケない
自慰行為では快感を得られるけど、セックスでは十分な快感が得られない状態です。

③イクときとイカないときがある
セックスのマンネリなど、刺激に慣れることで体はイキにくくなることもあります。イク感覚は知っているけど、イカないときが多いという状態です。
あなたの彼女はどのタイプですか?

女性に快感を与えるための解決策は?

女性がオーガズムを得るために、男性が協力出来ることは、高度なテクニックを実行することではなく、SEXに集中させることです。

頭の中を自分と自分の体でいっぱいにしてあげることで、頭の中をセックスだけに集中させるのです。

そのためには、相手の目をじっと見たり、言葉をかけたり、不意をついたような場所を触ったりしてみましょう。人は至近距離で目をじっと見られると、まるで暗示にかかったかのゆにその人のことだけを考えてしまいます。言葉もある種の暗示です。「気持ちいい?」や、「好きだよ」といった言葉をかけることで、気持ちを自分に向けましょう。

同じような場所ではなく、今まで触ったこともないような場所を触ったり、舐めたり、噛んだりすることも、有効です。人は不意をつかれると、弱いものですので、こうやって女性の頭の中にある雑念を一つ一つ消してあげましょう。

セックスだけに集中させてあげることが、彼女がイクための大きな解決策になるはずですよ。

おわりに

自分がイケればそれで良いと思っている男性も少なからずいるかもしれません。

しかし、女性がイケれば、それこそ男性の手柄といっても良いですし、相手に与えることの出来た満足感は、自分が感じるとき以上の快感になることもあるんですよ。

セックスはお互いがイケることが、よりお互いの快感を高めることは、間違いようのないことなのです。どうせなら、お互いが感じるセックスを目指しましょう!