帽子が似合わない人はいない!

「俺って帽子が似合わない顔なんだよなぁ…」
「頭の形がアレだからなぁ…」

なんて、思っている人いませんか?

断言します。帽子の似合わない人なんていません!

ただ、顔の形や大きさなどによって、その人に似合う帽子、似合わない帽子はあります。
顔立ちは大きく分けて、丸型、面長型、逆三角型、ホームベース型、といった種類に分けられます。

今回は、顔の形別、似合う帽子、似合わない帽子をご紹介していきます!

丸顔タイプ

男性の場合、幼く見えるという理由から、丸顔をコンプレックスに感じている人もいるのではないでしょうか?しかし、丸顔と帽子は最も相性が良く、比較的どんな形でも似合うんです。

どんな形でも似合う唯一の顔型なのですが、あなたのコンプレックスによって、おすすめの帽子、おすすめしない帽子はあります。

もしも顔が丸いことにコンプレックスを感じている場合、帽子のトップが四角いものや、頭にピタッとフィットするものを選ぶと顔の丸さが強調されるのでおすすめしません。

丸顔をシュッと見せるためには、縦の長さを強調する帽子を選ぶのもポイントです。やや浅めにかぶることで、帽子のトップを高い位置に見せると、顔がスッキリ見えますよ。

面長タイプ

面長の場合、長い帽子を選ぶと面長が強調されてしまい顔がより長く見えてしまうので、高さのあるハットや、立体感のあるニット帽かぶるのは避けた方が良いでしょう。

面長を強調させないためには、高さのない帽子や、頭部が平らで浅めの帽子が、バランスよく見えますので、ハンチングやキャスケットなどがオススメですよ。

また、帽子の色も、明るい色ではなく、やや暗めの色やチェックなどの柄物選ぶことで、相手の視線が上に向かい、小顔効果が果が見込めます。

逆三角タイプ

逆三角タイプの場合、帽子のツバの幅が狭く、深めの帽子を選ぶことがおすすめです。

というのも、逆三角タイプの場合、高さのある帽子を被ると、輪郭がよりシャープに見えてしまいますので、バランスがよくありません。シャープに見せたいのであれば問題ありませんが、高さのある帽子は輪郭が強調され、ごつく見えますので、選ぶ場合は、柔らかかい色のものを選びましょう。

おすすめは、ベースボールキャップ、キャスケットなどの、
トップに丸みのあるものです。

丸みのある帽子を深めにかぶることで、より顔のバランスが整いますので、
軽くのせずにしっかりかぶるようにしましょう。

ベースタイプ

ベースタイプの人はエラ周りにコンプレックスを持っている人が多いです。

このコンプレックスを目立たせてしまうのが、深さのない浅いニット帽やベースボールキャップなどです。これらの浅い帽子は、頭の形にしっかりフィットしてしまうため、顔の輪郭を強調し、エラが目立ちやすくなってしまいます。

エラを目立たせないためには、フィットする帽子ではなく、ややボリューム感があり高さのあるものを選ぶことが重要です。具体的には、帽子のツバが大きいもの、帽子のトップがフラットになった帽子やワークキャップなどを選ぶことで、横の大きさを調節し、縦に長く見せることができますよ。

おわりに

髪型と同じで、自分が被りたい帽子と自分に似合う帽子は違います。

「自分は帽子が似合わない」と思うのではなく「自分にはどんな帽子が似合うんだろう」と考えをシフトチェンジし、何を選ぶかを考えませんか?

選ぶ帽子によっては、輪郭コンプレックスを目立たなくすることもできますし、その日のファッションを1ランクも2ランクもUPさせることも出来ます。

自分にピッタリの帽子を選んで、オシャレを楽しみましょう!