NGコーデ①アウターと小物のカラーが同じ

黒の帽子と黒のコート、ベージュのマフラーとベージュのコート、といったアウターと小物を同じカラーにするのはNGです。どちらかに柄があるならまだしも、同じカラーではメリハリがありません。かといって、黒には白、赤には黄色、のように、インパクトのあるカラーを合わせる必要もありません。同じ色ではなく、同系色にしたりして、全体をまとめることが大切なのです。

近年、同じ色×同じ色の全身コーデがトレンドですが、それはオシャレ上級者の方がすることです。オシャレのわからない方がすると、ただの「黒ずくめ」「茶色ずくめ」といった怪しい感じになりますので、手出しはおすすめしません。

NGコーデ②柄×柄

シャツにしても、パンツにしても、小物にしても、柄×柄はオシャレ初心者には上級すぎます。柄×柄も近年トレンドですが、各柄のバランスも考えずにただ合わせてしまうと、ただのダサい人になります。
また、身に着ける物の柄が多くなると、柄同士が喧嘩をして、バランスが悪くなり、良い印象を与えません。柄が入っているものは一つまでと決めましょう!

どうしても柄ものを用いりたい場合は、無地だけど、素材が柄になっているといった「隠し柄アイテム」を選んだり、脱いだ時しか見えない靴下や、ハンカチなどで遊びを楽しんでください。

NGコーデ③小物を何点も身に着ける

たとえば、マフラーと帽子、手袋、寒いからといって全てを身に着けている。

これはオシャレとは言えません。これは柄×柄でも説明したことと似ていますが、目立たせるものはなるべく少ない方がオシャレなのです。マフラーと帽子、手袋とマフラー、これらを同時に身に着けると、柄×柄のようにそれぞれが喧嘩をしてしまいます。

自分は今日のファッションで何を目立たせたいのかをハッキリさせることが大切なのです。伝えたいものがたくさんありすぎると、ごちゃごちゃとした印象になってしまうので、目立たせたいものを決めてから、それを引き立てるようなコーディネイトを組み立てていきましょう。

NGコーデ④全身をブランド物で固める

オシャレ初心者の方がやってしまいがちな落とし穴がこれです。

全身をブランド物で固めること、これはNGです。

まず、ブランド物を身に着けている=オシャレな人という図式は、オシャレを知らない人が勝手に作り出した図式ですので忘れてください。安い物でも良いものに魅せるのがオシャレ上級者なのです。
たとえば、トップスやパンツは低価格のものでOKです。ただし、アウターや靴などは、ちょっとだけ価格がUPしたものを選ぶことで、全体がランクUPして見えます。

というのも、トップスやパンツであれば1万円のものと5千円のものの差は言われなければわかりません。しかし、コートやジャケットなどのアウターや靴などは、1万円のものと5千円のものの差が意外と出ます。価値の差が出やすいものに限り極端に安物を選ばなければ、全身ブランド物で固める必要はないのです。

おわりに

今日のコーディネイトに迷ったとき、オシャレに仕上げるポイントは色を3色までに決めることが大切です。そして3色のうちの2色は同系色にすること!

たとえば、「ブルー・茶色・ベージュ」というように1色は独立した色で、あとの2色は大枠は同じ色ということです。具体的には、ボトムスはブルー、トップスは茶色、足元はベージュといったカラーにすることで、バランスよく整います。そして、目立たせたい小物を一つ決めることも忘れてはいけません。

コーディネイトに迷ったとき、この法則を守れば、ファッションセンスで恋愛対象から外されることはないはずですよ。