STEP①しっかりと声をかける

ナンパをするとき一番重要なステップが最初の声かけです。

最初の声かけを失敗すると、その後どうやってねばっても状態が好転することはありません。

ナンパでNGな声かけは以下のような文言です。

「こんにちは!今、暇?」
「何してるの?」2919.png
「かわいいね!」

このような、「いかにも」な、ナンパっぽい軽い声かけは成功率が非常に低いです。
ナンパ待ちをしている女性ではない限り、いかにもナンパだな…と思われるような声のかけかたは即終了となります。

ただでさえナンパ=軽いイメージなのに、軽い言葉は余計に軽薄に映ります。最初の声かけは、軽くではなく、しっかりと声をかけることが重要です。

たとえば、

「ちょっと1本道に迷ったみたいで、この辺り詳しかったら教えてもらえませんか?」

や、

「さっき家の鍵落としたみたいで、ちょっとだけ一緒に探してもらえませんか?」

など、
あくまでも困っている素振りを見せて、そのうえで、

「優しそうな方に見えたので、急に声かけてすみません!」

のように、後から相手が好印象だったから声をかけたというこを伝えれば悪い気になる女性はいないはずです。

また、回りくどい言葉ではなくストレートに伝えるのも、有効だったりします。

「すみません!普段こういうことしないんですけど、すごくタイプだったので声をかけてしまいました」や、「すごく可愛い方なので声かけてしまったんですけど、お茶だけでも一緒にどうですか?」など。

自分の気持ちを正直に、誠実に最初から伝えてしまうのも、褒められているわけですから悪い気がする女性は少ないはずですよ。

最もNGなのは、中途半端に弱腰で声をかけることです。断られる覚悟で、堂々と声をかけることが大切です。そして断られたらスッパリと引き下がる潔さも必要です。

STEP②道の側で足を止めさせる

声をかけて立ち止まってもらえたら、なるべく道の側に移動するようにしましょう。

道のど真ん中で立ち止まっては、周りの人の注目も浴びてしまいますし、通行の邪魔になってしまい、もしも上手くいってもスマートに行動できません。

また、大抵は無視されるか足早で逃げられてしまいますので、道の側で足を止めさせることで、ちょっとしたスペースを確保し、話を聞いてもらい状態をつくることもできます。

STEP③カフェに誘う

相手が誘いに応じてくれたら近くのカフェに移動しましょう。

お店は、女性客が多く、開放的で、小洒落た雰囲気のお店が◎!

移動の際は、女性の体に障ったり距離感を詰めるようなことはせず、あくまでも誠実に、一定の距離感を確保し、ナンパするような男性には思えないような真面目な部分を見せることが大切です。接し方のポイントは、「ナンパした女性」と思うのではなく、「友達に紹介された女性」として接することです。友達に紹介された女性であれば、友達の顔に泥を塗るような下手なことは出来ませんし、色々なことに気を付けますよね。

ナンパした女性にもそれくらいの丁寧さで接することで、ナンパからのギャップを女性に感じさせることができます。ここで軽い態度を見せてしまうと、「やっぱり軽い男…」と思われてしまう可能性が高いので、相手が拍子抜けするくらいの距離感をとるように心がけましょう。

そして、1時間ほどお茶をしたら、必ず連絡先を聞いて、その日は別れましょう。

ナンパしたその日に下心を見せてしまうのでは絶対にNG!

本当にお茶しただけと、言葉通りの行動をすることで信頼と信用がぐっと上がりますよ。

おわりに

ナンパをするときは今回ご紹介した3ステップを踏まえて行うことで、より成功率が上がるはずですよ。出会い方が違うだけで、全く初対面という意味ではナンパも合コンや友達の紹介と変わりません。

周りを恐れずに、素敵だと思える女性に出会えたら、声をかけてみてはいかがでしょうか。